休職中でもお金を借りることは出来るのか?

ない

 

カードローン契約の最低限の条件は、自身に安定した収入がある事です。

 

その際、定期的な収入さえあれば、休職中でも審査通過が可能なのか疑問に思うところだと思います。

 

無職の場合は安定した収入源となる仕事がないので、カードローン審査には落ちます。

 

休職中も収入があれば審査通過可能?

 

その点を考えると、仕事を休んでいる間のカードローン契約は難しいようにも思えるでしょう。

 

実際、休職中の場合、やはり貸し倒れリスクが高いとみなされる為、カードローン審査を無事に通過する可能性は低いです。

 

しかし、休職の場合、一定期間仕事を休んでいるのであって、まったく収入の当てがないというわけではありません。

 

正社員であれば、何らかの休職中の支給が臨める補償が利用出来る事もあるでしょう。

 

つまり、休職中で仕事自体を休んでいても、普段の収入と比べ低額だったとしても、定期的に給与がある状態であれば審査通過の可能性があります。

 

また、不動産や投資での副収入があれば、その収入額を基にカードローン審査を受ける事が可能です。

 

ただし、休職中であり現在の収入は副収入である旨は、カードローン申し込み時にあらかじめ金融機関に伝えておく事をオススメします。

 

具体的な休職期間など金融機関にも伝えておくことで、信用度が上がるといえるでしょう。

 

一応休職中でも金融機関によっては審査通過が可能ですが、借りられる金額は少額となります。
仕事に復帰したら必ず返すから!というような理屈は通らず、高額の融資は望めません。
また、休職中でも審査通過の可能性がゼロではないというだけで、原則、審査通過は厳しい事を理解しておきましょう。

配偶者貸付という手段も

 

ちなみに、自身が休職中でも配偶者が働いている。という場合は、無理に副収入で審査を受けるよりも配偶者貸付を利用するのも手です。

 

配偶者貸付は、自身と配偶者の方の収入を合わせて、年収としてカードローン審査で貸付額を算出してもらえる仕組みです。

 

配偶者貸付で借り入れを検討する場合は、消費者金融よりも銀行を契約先として検討することをおすすめします。

 

というのは、消費者金融は総量規制による年収制限を外す為に、例外貸付として契約する事になり手続きが複雑になる可能性が高いからです。

 

銀行の場合は、自身に収入のない専業主婦の方が配偶者の方の年収で審査を受け契約出来るカードローンなどがあります。

 

在籍確認は休職中でもある!?

 

休職中で勤務先に自分は不在だけから、在籍確認もなしになるだろう!と思っている方は注意が必要です。

 

例え自分が勤務先の電話に出られないとしても、カードローン契約に在籍確認は欠かせないので省けることはありません。

 

また、在籍確認の電話は必ず自身が勤務先で取らなくてはいけない!というものではないので、勤務先の誰かに出てもらえれば大丈夫です。

 

ただ、その際にちゃんと自分がその会社に在籍している事は伝えてもらえないと、在籍確認が正確に完了しません。

 

といっても、電話口に出た方が「○○はただいまお休みをいただいております」など、会社には所属しているものの休んでいる事が金融機関に伝わればそれでOKです。

 

しかしその際、あらかじめ金融機関に休職中であることを伝えておらず、在籍確認で初めてその事実が分かった場合は審査での評価が一気に下がります。

 

休職中である事を隠して申し込んだ事で、金融機関からきちんと返済する気がないのではないか?と判断されてしまう可能性が否めません。

 

その為、必ず在籍確認の手続きに入る前には、申し込み先の金融機関に休職中である事を伝えておくようにしましょう。