UFJからのキャッシングならバンクイック?キャッシング方法と審査基準

 

UFJと聞いて大抵の方が一番に思い浮かべるのは、三菱UFJ銀行だと思います。

 

ところが、UFJからキャッシングするという場合は、三菱UFJ銀行の他に三菱UFJニコスや三菱UFJフィナンシャルサービスを利用する方法も挙げられます。

 

UFJキャッシングはカードローンとクレジットカードで可能

 

その3つのUFJの内、三菱UFJ銀行と三菱UFJフィナンシャルサービスのキャッシングはカードローンの利用となります。

 

三菱UFJニコスはクレジットカード会社なので、クレジットカード(MUFGカード)でのキャンシングです。

 

時に、三菱UFJフィナンシャルサービスというと馴染みがないかもしれませんが、実質的に大手消費者金融アコムでのキャッシングといえます。

 

それぞれのキャッシングの基本情報は以下の通りです。

 

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

 

金利:年1.8〜14.6%
限度額:500万円

 

UFJキャッシングの中では一番低金利なのでおすすめです。

 

バンクイックは銀行カードローンですが、三菱UFJ銀行口座がなくても契約が出来ます。

 

銀行には珍しい自動契約機「テレビ窓口」を設置しているので、他の銀行よりも申し込みからキャッシングまでスムーズに手続きが可能です。

 

三菱UFJフィナンシャルグループ アコム

 

金利:3.0〜18.0%
限度額:800万円

 

大手消費者金融アコムは、三菱UFJ銀行グループの傘下なので安心してキャッシングが可能です。

 

また、審査時間が最短30分とかなり早く、最短即日融資にも対応しています。

 

アコムで初めて契約する方は、最大30日間の無利息サービスが利用可能です。

 

三菱UFJニコス MUFGカード

 

金利:14.95%〜17.95%
限度額:50万円

 

MUFGカード(ニコスカード)にキャッシング枠を付帯させると、クレジットカードでのキャッシングが出来ます。

 

ただ、キャッシング機能はクレジットカードのメイン機能ではないので、限度額も高くなく金利もあまりお得ではありません。

 

また、キャッシング利用分はポイント還元されないので注意しましょう。

 

限度額はアコムが一番高いので、高額キャッシングならアコム!と思うかもしれませんが、貸金業者は総量規制より利用者の年収の3分の1までの融資しか出来ません。

 

また、金利面も考えるとUFJでキャッシングをするなら、やはり三菱UFJ銀行カードローン バンクイックがおすすめといえるでしょう。

 

ただ、急いですぐにキャッシングがしたい!という場合は、最短即日融資にも対応しているアコムがおすすめです。

 

MUFGカードでのキャッシングは、既に手元のカードにキャッシング枠が付帯済みの場合にすぐキャッシングができます。

 

キャッシング枠の申し込みやカードの申し込みからする場合は、三菱UFJニコスは即日対応していないので時間がかかってしまうでしょう。

 

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックの特徴は?

 

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックは、銀行カードローンの中でも割と申し込みからキャッシングまでがスムーズに進められます。

 

銀行カードローンは2018年1月以降、申し込み当日の即日審査も即日融資も停止しているので、即日キャッシングは出来ません。

 

また、銀行はローンカードが郵送発行になる事も多いので、審査に通過してもカードの到着まで1週間ほどかかる事もあります。

 

ところが、バンクイックの場合は、銀行の支店などに設置されているテレビ窓口からローンカードの発行が可能です。

 

その為、審査に通過してすぐにテレビ窓口からカードを受け取りキャッシングができます。

 

バンクイックの審査は保証会社のアコムが主に行うので、即日とはいきませんが銀行にしては早く2〜3日の間には完了するでしょう。

 

カードの郵送を1週間も待たなくて済むので、バンクイックは銀行の中では早くキャッシングが可能です。

 

テレビ窓口は土日祝日でも利用できる!

 

三菱UFJ銀行のテレビ窓口のありがたいところは、銀行自体が営業していない平日15時以降や土日祝日でも稼働している点です。

 

その為、審査さえ平日15時までに完了すれば、その後ですぐにテレビ窓口からカードを発行し、ATMからキャッシングが出来ます。

 

銀行でテレビ窓口のような自動契約機を設置している所は少ないので、かなりバンクイックでキャッシングをする際のメリットになっているといえるでしょう。

 

テレビ窓口の営業時間は平日9時〜20時、土曜・祝日10時〜18時、日曜10時〜17時となっています。

 

土日祝日は営業時間が平日に比べて短い点に注意しましょう。

 

三菱UFJ銀行カードローンバンクイックの審査基準は?

 

バンクイックの審査は甘い!という情報がネット上には多く見受けられます。

 

その根拠としては保証会社がアコムである為、消費者金融が審査を行っているから。というものが多いです。

 

しかし、確かにバンクイックの審査は三菱UFJフィナンシャルグループのアコムが保証会社として行っていますが、審査基準がアコム自社と全く同じという事はありません。

 

そもそも金利がバンクイックの方が低いので、その分同じアコムが審査していても貸し倒れリスクを取らない傾向にあるといえるでしょう。

 

その為、手放しにバンクイックのキャッシング審査は甘い!という事は出来ません。

 

特に、以下のようなカードローン審査落ちの一般的な原因に心当たりがある方は、バンクイックでキャッシングする事は難しいでしょう。

 

審査に不利な原因
  • 金融事故歴がある(債務整理や自己破産)
  • 返済遅延・延滞をした事がある
  • 多重債務

 

一番注意したいのが、債務整理や自己破産などで事故履歴が信用情報に記録されている場合です。

 

金融事故履歴がある状態では、バンクイックだけでなくどこのキャッシング審査にもほぼ通過出来ないといえます。

 

また、返済遅れや多重債務は、保証会社として幅広く様々な金融商品の関わっていることが多いアコムであるからこそ、他社の履歴に注意してください。

 

もしバンクイックやアコムで信用情報に記録されるような問題がなくても、アコムが保証会社をしている他の金融機関で延滞などをしたことがあると審査通過が厳しくなります。

 

与信審査に通過しても在籍確認が取れないとダメ

 

時に、信用情報に問題がなく与信状態の審査に通過した後は、在籍確認が基本的に行われます。

 

在籍確認は、契約した金融機関のオペレーターから勤務先に電話連絡が入る形で行われることがほとんどです。

 

在籍確認で勤務先に確かにローン契約者が所属している事を確認することは、働いていて収入がある事の裏付けになります。

 

その為、契約先が銀行でも消費者金融でも在籍確認が全くなしになる事はありません。

 

勤務先の都合で外部からの電話に応答してもらえないなど、特別な理由がある場合のみ金融機関によっては電話以外の方法で確認をしてくれる事はあります。

 

ただ、バンクイックやアコムでは原則、在籍確認は電話で行われるので勤務先で確実に電話が取れるようにしましょう。

 

ちなみに、在籍確認は必ず自身が電話口に出なくても、会社にいる誰かが電話口で「○○さんはいらっしゃいますか?」というオペレーターの質問に答えさえしてくれるだけでも完了します。

 

基本的に在籍確認の電話では、ローン契約者が勤務先に居るかどうか?という事しか話さないので、キャッシングが勤務先でバレてしまうような事もほとんどないです。

 

バンクイックとアコムの在籍確認は、銀行名や社名ではなくオペレーターの個人名で行われます。