中小消費者金融の審査でも絶対通過できるわけではない?

 

銀行や大手消費者金融の審査に落ちてしまったり、自分で信用情報が良くないことを自覚している方は、審査に落ちないところで借り入れがしたい事でしょう。

 

そうなると、最後の砦として中小消費者金融などの小規模貸金業者での借り入れを考えると思います。

 

その理由は、銀行や大手消費者金融で借りられなかった人でも借り入れが出来る!と見聞きしたからでしょう。

 

しかし、じゃあ中小消費者金融なら誰でも審査に通過出来、カードローンまたはカードローンではなく一度きりでも借り入れが可能か?

 

といえば、そうではありません。

 

中小消費者金融も貸金業者として営業しているからには、きちんと貸した分に対して利息を付けて返済してくれる人でなければ、貸し付けをしません。

 

ただ、借入側に対する会社のネームバリューや安心感という面では、銀行には勿論、同じ業種でも大手貸金業には敵いませんから、多少リスクを取って貸付をすることはあります。

 

ところが、その様に一定の貸し倒れリスクも抱えるというのは、銀行でも大手消費者金融でも度合いの違いはあれど同じことですから、一概に中小消費者金融の審査が通過し易いと言われる根拠だと断言はできないでしょう。

 

実際、いくら貸し倒れリスクがある顧客も取ることで中小消費者金融が営業出来ていたとしても、債務整理中の人や異動情報が記載されている方、無収入の方には貸付をすることはありません。
それは、中小消費者金融の審査基準がどうこうというよりも、貸金業者に適用される貸金業法の総量規制で、法的にそのように定められているからです。

 

その為、中小消費者金融であれば誰でも借り入れが出来る。という言い回しは語弊があるといえます。

 

中小消費者金融の審査では何がみられる?

 

債務整理の最中だったり、異動情報として金融事故歴があったり、働いていなくて収入がない方に貸付をしない。という点では、先述もした通り大手の貸金業者などと審査内容に差はありません。

 

加えて、中小消費者金融は大手消費者金融同様に貸金業者ですから、総量規制の範囲を超えるような貸付は審査に通しません。

 

総量規制は借り入れ側の多重債務を防止するための法律であるのと同時に、貸金業者の過剰貸し付けを抑制するものです。

 

その為、正規の業者がその法律に背いてまで貸付をすることはありません。

 

つまり、基本的にカードローン審査で精査される信用情報や属性は必ず中小消費者金融でもチェックされます。

 

それらの審査がない業者があった場合、それは正規の貸金業者としての中小消費者金融や街金ではなく、違法業者です。

 

では、先述した中小消費者金融が銀行・大手消費者金融と違ってカードローン審査で取るリスクとは何か?

 

簡単にいえば、中小消費者金融が取るリスクの中身は「借り入れ側のやむをえない事情」です。

 

ただ、その事情の中には勿論汲まれない内容の物もあります。

 

例えば、自分都合の資金用途で借りた他社債務の返済金が手持ちのお金では足りない。といった場合は、事情として組んでもらえません。

 

どういう事情が汲んでもらえるかといえば、大体以下のようなものが挙げられるでしょう。

 

中小消費者金融で借りられるかもしれない理由

  • 信用情報からは消えたものの過去の事故情報のせいで大手や銀行から借りられない。
  • 借り入れ件数が原因で銀行や大手からは借り入れ・借り換え契約を断られた。
  • 他ローンでの返済実績はあるものの現在の収入が少ない。

 

婉曲して捉えてしまう方もいるかもしれないので、各項目補足します。

 

過去に任意整理や自己破産をした事があっても最高5〜10年以上経っていれば、信用情報からはその履歴が消えます。

 

それどころか、5〜10年の間は借り入れ契約の類が一切できないので、信用情報はまっさらなスーパーホワイトといわれる状態になります。

 

ただ、信用情報がきれいになるのは嬉しい事なのですが、スーパーホワイト=債務整理をしたことがある。とみなされ、銀行や大手消費者金融から借り入れが出来ない可能性があります。

 

ところが、中小消費者金融の場合は、スーパーホワイトでも申し込み時に安定した収入があり、勤続しているなら貸付をしてくれる場合があるのです。

 

また、借り入れ件数を考慮して銀行・大手が貸付をしない場合でも、総量規制の範囲を超えず、貸し付けをしても返済に困らない程の収入が確認できた場合も、中小消費者金融は貸付可能とする可能性があります。

 

ただし、その際信用情報に借りれ件数以外の返済遅延や延滞がみられる場合は、中小消費者金融であっても事情を汲んでくれることはありません。

 

年収が100万円以下、またはカードローン申し込み時の月収が一時的に何らかの理由で少ない時、もし、過去にローン完済実績がみられるなら、少額の貸し付けにはなりますが中小消費者金融ならどうしても必要な額が借りられる可能性があります。

 

しかし、この場合も無収入や日雇いでも中小消費者金融なら審査通過できる。という事でなく、世間一般的な収入より少なくても返済実績を評価する姿勢であるという事です。

 

その為、返済実績がなかったり他社に必要以上に既に借り入れがある場合は、その範囲ではないといえるでしょう。

 

以上のように、中小消費者金融は誰でも審査通過できるわけではありませんが、借入側の事情によっては、大手消費者金融や銀行では審査の際そこまで結果を左右しない細かい点を評価して貸付可能とすることがあります。