カードローン審査時間は本当に最短30分?

時計

 

最近のカードローン審査は、早いところで最短30分としていますが、この30分というのは「あくまで最短で」という言葉のマジックなので、誰しもが必ず、確実に、30分という短い時間でローン審査の回答がもらえるわけではありません。

 

加えて、2018年1月以降は、銀行カードローンでの即日審査対応が停止されたので、審査が早いのは消費者金融のみとなります。

 

各金融機関の最短審査と最短融資

金融機関(カードローン名)

最短審査時間

最短融資時間

モビット

10秒簡易審査

最短即日

プロミス

最短30分

最短1時間

アコム

最短30分

最短1時間

アイフル

最短30分

最短1時間

ノーローン

最短20分

最短即日

オリックスVIPローンカード

最短60分

最短即日

 

融資のスピードに関しても、銀行は即日対応不可となったので、即日融資を希望している場合は消費者金融に申込む必要があります。

 

時に、土日祝日の申し込みの場合は、審査が翌営業日になる確率が平日よりも高いです。

 

また、長期休暇の前後や年末年始などの、多くの世間一般の人がお金を使うイベント時期は、カードローンへの申し込みが混雑しがちです。
その為、なかなか金融機関がそれぞれ謳う最短時間での審査回答は難しいといえます。

 

カードローン契約をスピーディーにしたい場合は、平日の午前中の申し込みが必須といえるでしょう。

 

時に、審査や融資の早さを大きく打ち出している金融機関でのカードローン契約は、手続きが早く完了する可能性が高いです。

 

例え、最短審査30分と提示されてもあまり大大的にそれが売り文句になっていないのであれば、最短時間でカードローン審査や融資が済めばラッキー!くらいに思っておいた方が良いと思います。

 

土日祝日もカードローン審査に対応しており、自動契約機があるような金融機関を契約先にすれば、審査がスムーズに進み融資までが早く受けられる可能性が高いです。

 

カードローン審査時間を短くすることは可能?

 

カードローン審査時間を少しでも短くして、早く融資を受けられる可能性を上げることは可能です。

 

審査時間を短縮するには、以下のような点に気を付ける必要があります。

 

カードローン審査時間を短縮するコツ
  • ネット申込をする(郵送申し込みはダメ)
  • 平日午前に申し込みをする
  • 他社借り入れはなるべくなくす
  • 借り入れ希望額を少額で申し込む

 

金融機関によっては、ネット申し込み後すぐに指定の連絡先に電話をすることで、優先的に審査を行ってくれるサービスを扱っているところもあります。

 

また、ネットからの申し込みなら昨今はスマホや携帯から簡単に出来、入力にもそれほど時間がかからず空き時間に可能です。

 

急いでいる場合に絶対に選んではいけない申し込み方法として、郵送申し込みが挙げられます。

 

というのは、郵送での申し込みは、申し込み書が金融機関に届くまでにまず2〜3日かかってしまい、返送なども合わせると融資までに1週間ほどかかってしまうからです。

 

加えて、ネット申し込みは24時間365日いつでも出来ますが、先述もした通り審査を最短時間で完了させるなら、平日の午前に申し込みだけは済ませておくのが良いでしょう。
他には、審査のスピードを上げるために、不要なローンやクレジットカードなどの借入件数は、解約などして減らしておくことをおすすめします。

 

そして、一番効果的なのが、借入希望額を10万円までのような少額にして申し込む事です。

 

高額の融資となると、金融機関も慎重に審査をするので時間がかかってしまうといえるでしょう。

 

カードローンは申し込みが正確でないと審査に時間がかかる!?

 

時に、申し込みの仕方に問題があったがために審査時間が長くなることもあります。

 

特にありがちなのが、申し込み時に記載した電話番号やメール番号が間違っている、金融機関からのメールが迷惑メール扱いされて届かない、といったものです。

 

些細なことなのですが、意外と連絡が滞ったり行き違いになると、審査が最短時間で完了しなくなるので注意が必要です。

 

また、申し込みをした内容と本人確認書類や収入証明書類などの情報の辻褄があっていない場合も、確認の連絡を金融機関とやり取りすることで時間がかかります。

 

そして、確認の連絡にすぐ応対できる場合は良いのですが、連絡がつかないと虚偽記載での申し込みとみなされ、時には審査落ちの判断がされてしまう事があります。

 

例えば、消費者金融のモビットでは、10秒簡易審査で虚偽記載や誤った情報で申し込みをしたり、申し込みの途中で離脱したりすると、カードローンの契約率に悪影響を与えてしまいます。

 

カードローン契約は昨今、簡単・手軽にできるようになりましたが、その申し込みは慎重に内容確認をし、正確な申し込みをするよう心がけましょう。

 

ローン審査が早く終わる人とそうでない人の違いとは?

 

天秤

 

実は、カードローン審査が短時間で済む方には傾向があります。

 

逆に時間がかかってしまう方にも、ちゃんとした理由があります。

 

まず、基本的にカードーローン審査が最短で終わる方は、申し込みに対して融資が問題なく可能である場合です。

 

また、信用情報を照会して明らかに問題がある方も、確実に融資が出来ない。という事で審査はすぐ終わります。

 

ちなみに、借り入れ件数が複数(3〜4件以上)あったり、現在すでに延滞中である(遅延ではなく2〜3カ月に渡る長期の返済停滞)場合は、貸付不可と判断され直ぐに審査落ちの連絡がきやすいです。

 

加えて、最短何分・即日審査を謳っていない銀行からのすぐの審査回答は審査落ちの確率が高いといえます。

 

では次に、審査に時間がかかってしまう方は何故時間がかかるのかといえば、貸付側が融資するかどうか迷う申し込み状態であるからです。

 

具体例を挙げると、消費者金融であれば総量規制内ギリギリでの借り入れ額である、他社借り入れが既にある、今までのローン利用履歴に少数回の返済遅延がみられる、などの場合は、審査する側も判断するのに時間がかかってしまいがちです。

 

ただし、審査に時間がかかったのちの審査落ちの場合は、他の金融機関であれば借りられる可能性が無きにしも非ずといえます。

 

というのは、金融機関のカードローン審査基準はそれぞれ違うため、ギリギリ審査落ちの原因になってしまった事が別の金融機関では、融資可能範囲とされていることがあるからです。

 

その際、他の金融機関をあたる場合は、既に審査落ちした金融機関とは別の保証会社を利用している金融機関に申込むのが一つポイントです。

 

なぜなら、保証会社は顧客の返済が金融機関になされなくなった際、その金額分を肩代わりして金融機関に収めるので、保証会社が審査に大きく関わっている場合が多いからです。

 

以上に加えて、審査時間が長くなる要因として挙げられるのが、希望融資額が高額である場合です。

 

一般的に50万円以上の高額融資となってくると収入証明書類の確認なども入ってくるため、長くなりがちです。

 

逆に、借り入れ希望額が10万円以下であれば、それなりに短時間でカードローン審査が完了しますし、まず正社員などの属性であれば、借りられないという事はありません。

 

ただし、例え借り入れ希望額が少額でも、信用情報に異動情報などの問題が見受けられる場合は、審査完了までに時間を要す、または契約できない可能性があります。