収入証明書不要だと審査に通りやすいのか?

書類

 

消費者金融や銀行カードローンの審査において収入証明書が必要になることがあります。

 

収入証明書が必要となってくる借り入れ金額は業者によってかわってきます。

 

また、消費者金融は総量規制の対象であるため、50万または貸金の借入総額が100万円以下であれば収入証明書は不要ですが、それ以上の借り入れでは収入証明書が必須です。

 

一方、銀行カードローンの場合は、100万円〜300万円以上でやっと収入証明書が必要になってくる場合もあります。

 

昨今、銀行カードローンでの過剰貸し付けが問題視されているため、銀行カードローンでの借り入れであっても消費者金融と同程度の年収制限と収入証明書の提出が求められるといっても過言ではありません。
その為、借入額が50万円以上になる場合は、銀行カードローンに申込む際にも、極力収入証明書を用意しておくことをオススメします。

 

金額問わず、収入証明書が必須である業者もいれば、収入証明書は一切いらない業者もあり、審査基準もそれぞれ違います。

 

収入証明書不要であれば収入を多く申告した方が審査も通りやすいし、金額も多く借入できると勘違いするのでしょう。

 

つまり「収入証明書不要=収入の虚偽申告可能=審査に通りやすい」と考えがちなのですが、実際は審査に通りやすい、審査が甘いということは一切ありません。

 

収入にあった借り入れが出来る

 

収入証明書は、確かに借り入れ額によっては不要で済む場合もありますが、安定した収入があるなら提出することをオススメします。

 

というのは、自身の収入が具体的に記されている書類を金融機関に出すことで、その収入に無理のない借り入れ額が決まる可能性が高いからです。

 

それだと年収が低いから書類のせいで借り入れ額が低くなるのでは?と思う方もいる事でしょう。

 

しかし、消費者金融1社から収入証明書不要で借り入れ可能な額は50万円ですが、それが年収の3分の1だとしたら年収は150万円という事になってしまいます。

 

その際、借入希望者が年収150万円以下の非正規雇用者であれば、収入証明書は不要な方が都合が良いかもしれません。

 

ところが、年収がもっと多いような正規雇用者の方などの場合は、逆に収入証明書で年収を明示した方が高い限度額が付く可能性があるでしょう。

 

申込時の自己申告のみの収入よりも、希望する額を貸してもきっちり返済可能だろう十分な収入を証明できる物がある顧客を、金融機関も優先して貸付するといえます。

 

その為、必ずしも収入証明書不要で済むカードローン契約が良い!とは言い切れないのです。

 

寧ろ、安定した収入があるなら、収入証明書を用意する不都合はないといえるでしょう。

 

収入証明書不要で審査できる理由は?

 

はてな

 

総量規制導入以前は消費者金融に収入証明書の取得義務はありませんでした。

 

加えて、今でも銀行カードローンでは、総量規制よりも高い金額設定でも収入証明書不要としているところがあります。

 

融資額が大きくなれば取得している業者もある、というのが少し前まで一般的な融資の仕方でした。

 

つまり、カードローンを扱っている金融機関には、収入証明書不要でも審査ができる能力があるということです。

 

その点を考えると、カードローン取引は信用取引であるということが一番大きいでしょう。

 

極端な話ですがいくら収入があっても、それが証明されたとしても返済できない人はできませんし、できる人はできるのです。

 

審査担当者の本音の記事でも述べましたが、申込者の申告内容、特に借入額と収入に関して貸付側はあまり信用していないのです。

 

どうせ借入額(または借り入れ件数)は少なく、収入は多く申告しているだろうと疑っています。

 

加えて、貸付側は例え収入証明書が提出されなくても、借り入れ側のおおよその収入は検討がついてしまいます。

 

皆さんも身内や友人と話すなかで、この職業なら年収はこれくらいだろと知らず知らずのうちに身についていると思います。

 

カードローン決済者であればなおさらですが、過去から現在までに数多くの審査を行っていますし、顧客データも山ほどあります。

 

決済者は職業、勤続年数、役職等を見て自然と収入が判断できてしまうのです。

 

つまり収入証明書不要であっても審査ができてしまうということです。

 

しかし、歩合給などがあったりする職種であると、収入証明書が不要額内でも必要になる場合があります。

 

つまり収入証明書不要額と審査基準は直接の関係はないということになります。

 

申込時に嘘を書いてしまいがちな収入は決済者の経験で判断され、借入額については信用情報で正確に確認できます。

 

その為、下手にカードローン申し込み時の収入に虚偽の情報を記載して、収入証明書も提出しないより、正確な情報を貸付側に伝えるのが望ましいといえるでしょう。

 

カードローン増額は収入証明書があった方が良い?

 

増える

 

時に、既に契約しているカードローンの限度額を増やしたい時には、なるべく収入証明書があった方が良いです。

 

カードローン増額には再審査がつきもので、特に限度額50万円以上の増額の場合には、収入証明書の提出が求められることが少なくありません。

 

カードローン契約時は、その時の借り入れ側の属性や信用情報に見合った限度額が設定されます。

 

それを増やすという事は、借りられる枠を増やしても返済できる「当て」の証明が必要となり、その証明は信用情報の履歴では足りない場合があるからです。

 

金融機関は、確かに収入証明書がなくても借り入れ側の信用を審査することは可能です。

 

しかし、借り入れる金額がそれなりに高額になってくるほど、出来れば貸しても返してくれる証拠は多く提示して欲しい。ということです。

 

例を挙げるなら、自身に収入のない専業主婦(主夫)の方は、収入がないので勿論それを証明するものもありません。

 

ところが、その場合でも専業主婦(主夫)貸付に対応している銀行は、大抵、限度額30万円〜50万円という借入額の制限を設ける代わりに、収入証明書の提出不要としています。

 

専業主婦(主夫)への貸付は、配偶者の年収を目安に審査されるため、本来なら配偶者の収入証明書や同意書があった方が信用に値します。

 

しかし、事情があって借り入れをする方は多いですから、そんな細かい規定を設けてはカードローン申し込み率が落ちてしまうのが目に見えます。

 

そこで、借入額を少額に限定することで、収入証明書で精査しない分のリスクを軽減しているという事です。

 

ですから、希望借入額が高額である場合は、原則収入証明不要であっても用意をしておくに越したことはないでしょう。

 

銀行の過剰貸し付けを危惧して、銀行カードローンでも50万円以上の借り入れの場合収入証明書の提出が求められてくるようになりました。
また、50万円以下の借り入れ額であっても、借り入れ側の与信や他社借り入れ件数などによっては収入証明書が必要となります。
専業主婦(主夫)の方は、配偶者の方の収入の証明が必要となってくるので、借り入れ希望者本人の一存では借り入れが出来なくなる場合がこれから出てくると思われます。
その為、配偶者の方に借り入れについて相談するのか、もしくはパートでも始めなくては、専業主婦(主夫)という属性ではますますカードローン審査通過が難しくなってくるといえるでしょう。