モビットで郵送物・電話連絡なし=WEB完結だけ?

WEB

 

モビットカードローンといえば、郵送物や電話連絡が契約手続きの中で省けることで有名です。

 

ただし、郵送物なし・電話連絡なしに対応しているのは、モビットでのWEB完結契約に限ります。

 

モビットはローンカード(モビットカード)を発行した「カード発行申し込み」という契約方法にも対応しています。

 

ところが、ローンカードを発行してのモビットカードローン契約の場合、電話連絡があります。

 

ローンカードの郵送自体は、自動契約機で発行することで避けられますが、契約書類が自宅に郵送されてしまいます。

 

すると、せっかく誰にもバレずに借り入れが出来ると思ってモビットを選んだ意味がなくなってしまいます。

 

モビットカードローンにとりあえず申し込めばOK!ではなく、「WEB完結申し込み」をする必要があります。

 

また、モビットでWEB完結契約するには必要なものがあります。

 

モビットWEB完結契約に必要な物
  • 三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の口座
  • 収入証明書
  • 社会保険証や組合保険証
  • 直近1カ月分の給与明細書

 

上記のものがないとモビットでWEB完結契約をすることは出来ません。

 

1カ月分の給与明細書は収入証明書を給与明細以外を提出した際に、必要になります。

 

モビットカードローン公式サイトはこちら⇒

 

上記の条件を満たせるなら、アルバイト・パートや派遣・契約社員、個人事業主の方でもモビットカードローンのWEB完結契約は可能です。
個人事業主の方は、モビット公式HPにある「営業状況確認のお願い」という書類も必要になることがあるので、スムーズにWEB完結契約をする為に事前に用意をしましょう。

 

借り入れがバレない為には?

 

カードローンでの借り入れがバレないように注意する点は、郵送物や電話連絡だけではありません。

 

借り入れ開始後に、家族などにローン利用がバレてしまう原因によくあるものが2つあります。

 

まずは、ローンカードの所持が一つ。もう一つは利用明細書です。

 

ローンカードや利用明細書を財布や衣服やカバンなどのポケットに入れっぱなしにして、借り入れがバレてしまう事は少なくありません。

 

ただし、モビットカードローンであれば、ローンカードも利用明細書も手元に置く必要がなく済みます。

 

WEB完結契約をすれば、カードレスでローンカードは発行されませんし、利用明細書はモビットの場合電子発行が可能です。

 

モビット会員ページの取引履歴照会で、領収書や利用明細書をデータとしてダウンロードできるので、郵送もされなければ紙での発行もされません。

 

その様な点でも、モビットカードローンでの借り入れはバレにくいといえるでしょう。

 

急ぎでもモビットWEB完結でバレずに借り入れ可能?

 

日時計

 

時に、モビットWEB完結でバレないというのに加えて即日中に融資を受けたい場合、平日14:50までに振り込み手続きまで完了させる必要があります。

 

14:50以降や土日はWEB完結では最短即日融資は望めません。

 

加えて、最短30分で審査を完了させるには、祝日を除く月〜金の19:00までに申し込む必要があります。
(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)

 

もし、14:50以降や土日にモビットカードローンで最短即日融資を受けるなら、自動契約機でローンカードを発行する必要があります。

 

その場合は、カード発行申し込みとなるので、先述した通り、郵送物も電話連絡も発生してしまいます。

 

スマホATM取引でWEB完結が便利に!

 

モビットカードローンでは、2017年5月15日より、スマホアプリをセブン銀行ATMで利用することで、スマホATM取引が可能となります。

 

そのスマホATM取引が出来るようになることで、モビットWEB完結での最短即日借り入れがし易くなります。

 

先述したように、急ぎの融資の場合、モビットWEB完結では平日14:50分までに手続きを完了させ、振り込み融資をしてもらう必要があります。

 

ところが、スマホATM取引が可能となれば、ローンカードが発行されないWEB完結でも、セブン銀行ATMから借り入れが可能です。

 

その為、振り込み融資対応時間に間に合わなくても、モビットWEB完結契約で最短即日借り入れが可能になります。

 

ただし、モビットカードローンの審査対応時間内に申し込みを完了させる必要は引き続きあるので、その点は注意しましょう。

 

カードローンWEB完結・カードレス契約がバレにくい理由とは?

 

はてな

 

カードローン契約は、端的にいってしまえば借金をすることですから、客観的に考えると何となく印象が悪いような気がしがちです。

 

お金を貸すことを商売としているところからお金を借りるのですから、本来は何も気負う必要はないのですが、気になる物は気になる事でしょう。

 

そこで、そんな利用者心理を汲んだカードローン契約方法として、WEB完結・カードレス契約が用意されています。

 

なぜカードローンのWEB完結及びカードレス契約はバレにくい借り入れが可能といわれるのでしょうか?

 

カードローン利用が、家族や知人に知られてしまう原因としてよく挙げられるのが、郵送物や契約時の電話、ローンカードの所持です。

 

郵送物は自宅宛ての場合は家族に、勤務先宛ての場合は会社仲間に知られてしまう可能性が否めません。

 

また、カードローン契約は即日融資を受けるには時間の制限もありますから、うっかり人がいる所で契約に関する電話をしているのを誰かに聞かれてしまう心配もあります。

 

ローンカードは郵送の場合は、書類などと同じように訝しまれる可能性があり、利用中は財布や上着のポケット中から見つかってしまう恐れがあります。

 

それらが、WEB完結・カードレス契約では必要なくなるので、借り入れがバレにくいといわれているのです。

 

特に、WEB完結・カードレス契約対応をしている金融機関の中でも、モビットはWEB完結契約をすることで、全てそれらのバレてしまう原因を防ぐことが出来るのです。

 

ちなみに、今のところカードローン契約手続きの上で、電話連絡なしに出来るのはモビットカードローンのWEB完結だけとなっています。

 

返済遅延に注意!

 

時に、せっかくモビットWEB完結で郵送物も電話もなしでカードローン契約できたのに、利用中に返済を滞らせた為に家族などにバレてしまう事があります。

 

というのは、例えWEB完結契約をしても、約定返済を滞らせた場合には、電話連絡も督促の郵便物も発生するからです。

 

貸付側には、借り入れ側が返済をしない場合、段階を踏んで返済を請求する正当な権利があります。

 

その為、サービス上電話連絡や郵送物に配慮していたとしても、返済を怠った時点でそのサービスが適用されなくなります。

 

自身の携帯などへの連絡で、返済をしっかりすれば郵送物が送られてくるまでには発展しません。

 

しかし、電話連絡を無視し続けた場合は、督促状が自宅に郵送されてきます。