ろうきんカードローン審査は厳しい?落ちても他で借りられる?

 

ろうきんは労働金庫が略称されている呼称です。

 

労働金庫は労働組合と生協によって設立された、非営利団体となっています。

 

ろうきんは日本全国に13機関あり、それぞれ営業区域が分かれています。

 

日本全国13のろうきん
  • 北海道労働金庫
  • 東北労働金庫
  • 中央労働金庫
  • 新潟県労働金庫
  • 長野県労働金庫
  • 静岡県労働金庫
  • 北陸労働金庫
  • 東海労働金庫
  • 近畿労働金庫
  • 中国労働金庫
  • 四国労働金庫
  • 九州労働金庫
  • 沖縄県労働金庫

 

ろうきんで扱われているカードローンは、カードローン〈マイプラン〉という商品名です。

 

商品名は全国どのろうきんでも同じですが、限度額や金利、申し込み条件などはそれぞれ地域によって異なることがあります。

 

ろうきんカードローンで借りる一番の利点は、低金利で借りられる事です。

 

一例として、中央労働金庫のカードローン〈マイプラン〉の貸付条件を以下に挙げました。

 

金利

団体会員:年3.875%〜7.075%

生協会員:年4.055〜7.255%

一般:年5.275〜8.475%

限度額

最高500万円

一般の方は最高100万円まで

使い道

旅行やショッピング、冠婚葬祭、リフォーム、教育資金など、原則自由

団体会員の方に限り借り換え利用も可

最低返済額

5,000円

 

ろうきんの金利は年10%を切っており、銀行と比較しても低金利です。

 

特に、労働組合の会員であったり、ろうきんと既に取引がある方は、条件に応じて金利の引き下げがされるので、かなり低金利で借り入れが可能です。

 

ろうきんの審査は厳しい?申し込み条件をよく確認する!

 

基本的にローンは金利が低いほど審査通過が難しい傾向にあります。

 

その為、ろうきんカードローンの審査も決して甘いとはいえません。

 

ただ、ろうきんの審査も基本的な基準は消費者金融や銀行とものすごく違うというわけでもないです。

 

ろうきんカードローン審査が厳しいといわれる理由は、審査そのものよりも申し込み条件にあるといえます。

 

年収が150万円以上じゃないと借りれない!?

 

例えば、ろうきんカードローンの中には申し込み条件に年収の規定が設けられている事があります。

 

最低年収150万円以上が申し込み条件としてある場合、年収が低い方はろうきんで借りる事が難しいでしょう。

 

消費者金融や銀行カードローンでは、原則、安定した収入がある事が申し込み条件になっていることが多いです。

 

年収が何円以上!という規定はないので、ろうきんよりもその点では審査が甘いといえるでしょう。

 

勤続年数最低1年以上!自営業は3年以上!!

 

また、ろうきんのカードローン申し込み条件では、年収だけでなく勤続年数に関しても最低ラインが設けられています。

 

原則、同じ勤務先で1年以上働いていないと、ろうきんの条件が満たせません。

 

消費者金融の場合は、最低半年以上の勤続でも審査通過できることを考えると、やはりろうきんの審査基準は厳しめといえるでしょう。

 

ただ、雇用形態の制限などはないので、アルバイトやパートの方でもろうきんに申し込みをする事は可能です。

 

加えて、どこかに勤めているわけではなく、自営業者として働いている場合は、さらに3年以上同じ事業を続けている必要があります。

 

ろうきんのカードローン審査時間は最高3週間!?

 

ろうきんは消費者金融のように貸金業専門の業者ではありません。

 

その為、審査には時間がかなりかかる傾向にあります。

 

ろうきんカードローンに申し込みをして、審査結果が来るまでに大体1〜2週間ほどかかるでしょう。

 

したがって、申し込み当日中の借り入れ先には向きません。

 

また、ネットから申し込みが出来るのは団体会員のみとなっている場合があり、すると郵送のやり取りが発生するので、さらに時間がかかります。

 

加えて、ローンカードの発行も郵送でしかしていないので、審査通過後借り入れが出来るまでにも大体1週間前後かかると思った方が良いでしょう。

 

ただ、いくら審査に時間がかかるといっても、流石に1カ月以上審査結果が来ない…というのは少しおかしいので、あまりに審査が遅い場合は申し込みをしたろうきんに問い合わせてみましょう。

 

ろうきんへの問い合わせは、電話で「お客様相談デスク」に連絡することで、審査がどうなっているか確認が出来ます。

 

ろうきんでも在籍確認はあるの?

 

ちなみに、例えば団体会員だったり生協会員であれば、ろうきんカードローンの在籍確認ん電話がない!などという事はありません。

 

ろうきんカードローンでも、審査の最終段階として勤務先に在籍確認の電話が入ります。

 

ろうきんの在籍確認は、担当者の個人名で勤務先に電話がかかってきます。

 

基本的に、平日しか在籍確認の対応をろうきん自体がしていないので、土日に申込むのは避けた方が良いでしょう。

 

また、消費者金融などでは、在籍確認を電話ではなく書類で完了出来る事もありますが、ろうきんは原則電話での対応のみといえます。

 

一般労働者は審査に不利?

 

時に、ろうきんの団体会員や生協会員であれば、金利引き下げなどの優遇もあり、申し込み条件さえ満たしていれば審査通過が難しくないでしょう。

 

ところが、一般労働者、つまりろうきんと関りを持たない方は、正直なところ会員の方と比較して審査落ちしやすいといえます。

 

勿論、一般労働者の方でも、ろうきんカードローンの申し込み条件を満たしており、与信状態に問題がなければ審査通過は不可能ではないです。

 

しかし、ろうきんは非営利団体である為、無理に貸し倒れリスクを取ってまで融資をし、利息で利益を上げようとはしません。

 

その為、少しでも信用情報に返済遅れなど審査に不利な履歴があると、一般労働者枠の方はろうきんのカードローン審査に落ちる可能性が高いです。

 

ろうきん審査に落ちても銀行や消費者金融なら借りられるかも?

 

ろうきんのカードローン審査基準は、基本的に低金利である分厳しいめです。

 

その為、ろうきんカードローン審査に落ちてもそこまで落ち込む必要はないでしょう。

 

ろうきんで借り入れが出来なったとしても、消費者金融や銀行のカードローン審査であれば通過できる可能性がゼロではありません。

 

ただし、信用情報に異動情報が記録されているような、ブラックの状態ではろうきんは勿論、消費者金融や銀行でも審査に落ちる可能性が高いです。

 

カードローン審査についてさらに詳しく⇒