消費者金融審査を通すポイントとは何か?

指摘

 

消費者金融審査が通らない!と躍起になっている人がいますが、何度申込みしても、自分自身の首を絞めつけるだけで、一向に審査が通る事がありません。

 

審査とは、数撃てば当たる的なものは一切無く、何度も審査に落ちている人はそれだけの理由があることをまずは、自覚しなければなりません。

 

そして、審査に通らない項目を一つ一つ検証して改善することが、消費者金融の審査は通るようになるのです。

 

審査に通らない主な理由

  • 信用情報にキズまたは異動情報がある。
  • 返済能力に対して借り入れ額に無理がある。
  • 多重債務である。

 

ちなみに、消費者金融カードローン審査に落ちた。という履歴も、次のカードローン審査に悪影響を与えます。

 

その為、審査落ちした後すぐのカードローン審査は、通過する見込みが少ないといえるでしょう。

 

審査落ちの履歴は、消費者金融の審査でも、銀行の審査でも、落ちたのがどちらであったとしても与信に悪影響を与えます。
銀行の審査落ちなら、消費者金融のカードローン審査には影響が全くない。という事はありません。

 

総量規制内の希望額でカードローン申し込みをしているか?

 

計算

 

カードローン初心者の方や消費者金融で既に何社か契約をしている方がうっかりひっかかりやすいのが、カードローン申し込み時の融資希望額です。

 

消費者金融では、貸金業法改正後の総量規制により年収の1/3以上の借り入れが出来ません。

 

この年収の1/3というのは、消費者金融1社での契約額ではなく、カードローン利用者の借入額(残高)のすべてを合わせた金額がその範囲におさまっていなくてはいけないという事です。

 

そもそも総量規制とは、借り入れ利用者の借り過ぎや多重債務を防ぐ為に出来た法律です。

 

その為、総量規制で定められている金額以上を貸付側が貸してしまうと法律違反となってしまいます。

 

つまり、カードローン審査の際に契約希望者の年収と他社借り入れを消費者金融では入念にチェックします。

 

その際に、例えば申し込まれた希望額が契約希望者の年収では貸付できない金額だと融資を断る、または、希望額より低い総量規制にちゃんと収まる金額での貸付になるのです。

 

また、カードローン利用者の総借入額が総量規制内でも、融資をしたことで金額がぎりぎり規制内になる場合や信用情報に問題が見られる場合は、例え希望額が総量規制を守っている額でも審査に落とされてしまう事があります。

 

消費者金融でのカードローン審査に通過したい場合は、健全な信用情報は勿論、総量規制と年収の兼ね合いにも注意して申し込みをすることが大切です。

 

既存の契約先のカードローンが利用停止になり、借り入れが出来なくなった為に、他社へ新たに申し込みをしても審査に通過する可能性は低いです。
利用停止になったという履歴も、信用情報に取引履歴として記録されるので、既に借りられる範囲が制限されている人tに貸付をする金融機関はないといえるでしょう。

 

審査が通らない人に多いのは信用情報のキズ?

 

ダメ

 

信用のキズの種類
  • 約定返済の遅れ(遅延)
  • 不当な申し込みによる申し込みブラック
  • 複数社からの借り入れ

 

審査に通らない人が多い1番の原因は返済が遅れている人です。

 

カードローン審査では必ず指定信用情報機関の信用情報を調査することになっているので、他の借り入れ先での返済遅延・延滞も把握することが出来ます。

 

延滞(3ヶ月以上の長期返済滞納)までいかずとも、数日間の返済遅延を何度も繰り返していれば、貸付側としては「いつか返済が完全に滞るのではないか?」と貸し倒れリスクを疑わざるを得ません。

 

もし、既存の債務の返済が遅れていて審査に通らなかった人は、きちんと返済を済ませてから申込すれば違った結果が出る可能性は充分にあります。

 

特に、完全に他社の借り入れを完済した情報は、信用情報の上でもローン利用実績としてカードローン審査でプラスに働きます。

 

カードローンは信用貸しなので、一度完済したという履歴は新たな貸付契約において、返済能力が見込める与信の材料となるのです。

 

また、返済遅延の他にも、短期間に複数のカードローン申し込みをすることで、申し込みブラックという信用のキズが付いていることがあります。

 

申し込みブラックは、執拗に1ヶ月の内に何度も複数のカードローンに申込んだり、契約手続きをを不自然に途中で辞めるのを繰り返すことで付いてしまうキズです。

 

信用情報に記載される申し込み履歴は、最高6カ月は記録として保管されるので、その間は不用意にカードローン申し込みをしない方が良いといえます。

 

カードローン申し込みは、信用情報がきれいな状態で行う事が、審査通過の一番のコツです。

 

長期の返済遅れは事故情報になる?

 

焦る

 

過去に消費者金融やクレジットカードのキャッシングを3ヵ月以上延滞したことがある人は、信用情報に事故情報として登録されています。

 

返済遅延と延滞は確かに、貸し付けに対しての支払いが滞っているという点では同じです。

 

しかし、遅延と延滞は本来別もので、信用情報に与える影響が大幅に違ってきます。

 

返済遅延は2カ月満たない短期の返済遅れを意味しますが、延滞はそれ以上に返済が滞っている状態なので「信用のキズ」よりも悪化した状態です。

 

信用のキズ以上の与信に悪影響のある情報は、所謂、金融事故情報またはブラック情報、異動情報といわれます。

 

返済遅延の場合は、早急に返済を再開させることで改善出来る可能性が高いです。

 

ところが、延滞が信用情報に記録された場合は、事故情報が消えるまで一切借り入れが出来なくなります。

 

事故情報は過去に債務整理や破産をした人と同じレベルで取り扱われるので、まず審査に通る事がありません。

 

事故情報が信用情報から消えるまでには、最高5〜10年という長い期間が必要となります。

 

また、事故情報が消えた状態を「喪明け」などと俗に言いますが、喪明けの信用情報は記載が真っ白です。

 

その為、年齢が上になってくると信用情報がきれいすぎる=債務整理の経験アリ。と与信審査で判断され、審査に落ちてしまう事があります。

 

自分自身の信用情報は指定信用情報機関のJICCやCICに確認すれば開示が可能なので、今現在自分の与信状態が心配な方は自分の情報を確認してみると良いでしょう。

 

まずは、自分自身の信用情報や返済を確認することが、カードローン審査通過の最初の第一歩なのです。

 

他社借り入れ件数は関係ある?

 

複数

 

総量規制による借入額の制限にも関係する為、他社借り入れ件数も消費者金融のカードローン審査では重要な点です。

 

また、総量規制内であっても、あまりに年収の3分の1ぎりぎりの借入額では審査に通るのは難しく、加えて複数借入先があるとなると、さらに借り入れるのはほとんど無理といえるでしょう。

 

ちなみに、同じ総量規制の規定として、消費者金融では1社から50万円以上、他社借り入れ合わせて100万円以上の借入額になる場合は、収入証明の提出が必須となってきます。

 

そのように、他社借り入れとの総額によっては、収入の証明が必要となってくることが法律で定められているという事は、他社借り入れがカードローン審査において影響を大きく及ぼすことが明白といえるでしょう。

 

加えて、借り入れ件数は新規カードローン契約でも重要なポイントですが、金融機関が定期的にチェックする途上与信でも重視されます。

 

その為、例えばA社を契約した時はB社の残高が10万円ほどだったのを、しばらくしてB社の残高を40万円に増やしたところ、せっかく契約したA社の借り入れが利用停止になった。
という事例が実際によくあります。

 

金融機関は、基本的に自社から貸した金額とそれにかかる利息が回収できなくなるのが一番困るので、借りれ側の貸し倒れリスクが高まると、返済能力に不安のある顧客に関しては利用停止にします。

 

そういった点でも、融資は又借りするよりも1社から借り入れて着実に返済していくのが望ましいです。

 

金融庁では借り入れ件数が5件以上ある場合に、多重債務者と定義づけています。

 

しかし、大手消費者金融カードローンでは基本的に4社以上の借り入れとなると、ます審査に通過することは出来ません。

 

借り入れ件数を減らすには、残高の少ないところから順に優先して返済していくか、おまとめでローンの一本化をするしかありません。

 

もし、返済不能になった場合は、信用情報に事故情報が記載され、当分はローン契約の類が出来なくなりますが、債務整理をするしか手段がなくなってしまいます。

 

そうならない為にも、多重債務に繋がるような複数借り入れは避けるに越したことはないでしょう。

 

他社借り入れとは、信用情報の上ではカードローンの件数だけに限られません。
キャッシング枠があるクレジットカードや携帯の割賦払いなども他社借り入れとして審査では精査されます。
その為、カードローン契約は1件だけでも、例えばキャッシング可能なクレジットカードが2〜3枚もあれば、複数借り入れがあり貸し倒れリスクが高いとみなされてしまいます。

 

カードローン審査ポイントをさらに詳しく⇒