借り入れ中もプロミスはお得がいっぱい?

プロミス

 

カードローン契約で、最低限借り入れ側が望んでいるメリットがプロミスのカードローンには盛り込まれています。

 

カードローン契約に関わる主なプロミスのメリットは以下の通りです。

 

プロミスで借り入れをするメリットとは?
  • 無利息期間サービスあり。
  • 最短審査時間30分最短即日融資可能。
  • 郵送物なしのWEB完結対応も可能。
  • 口座開設不要。
  • 三井住友銀行のATM手数料無料。

 

一つ叶わないとしたら、金利が消費者金融である為どうしても銀行カードローンより高い事が挙げられます。

 

しかし、それでもプロミスの上限金利17.8%は他の消費者金融カードローンより、僅かですが低金利です。

 

プロミスの貸付条件は?

 

プロミスでカードローン契約する申し込み条件や最高限度額、金利の設定は以下の通りです。

 

申し込み条件

年齢20〜69歳で本人に安定した収入のある方

主婦・学生の方でもパート・アルバイトで安定した収入があれば申し込み可

限度額

最高500万円

金利

実質年率4.5%〜17.8%

必要な物

本人確認書類(下記いずれか)

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証と他住民票1点

収入証明書類(最新のもので下記いずれか)

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細(直近2カ月+1年分の賞与明細)

収入証明書はプロミスで50万円以上または

他社借り入れ含め100万円を超える借り入れの場合以外は不要

 

資金用途は原則自由ですが、事業資金としての利用は出来ないので注意してください。

 

プロミスで初めての契約の際には、メールアドレスの登録とWEB明細の利用をすることで、無利息期間が30日間与えられるので、消費者金融の中では借り入れに対する利息が少なくて済むといえます。

 

ちなみに、プロミスの無利息期間は起算日が借り入れをした日の翌日なので、カードローン契約をして直ぐに借り入れをしなくても勝手に無利息期間が始まってしまう事がありません。

 

無利息期間を設けている金融機関はプロミスの他にもありますが、契約の翌日には無利息期間の起算日となってしまうところが多いです。

 

起算日は無利息期間がスタートする日の事で、プロミスの無利息サービスは借り入れをした翌日からとなっています。

 

その為、契約だけして借り入れをしなければ無利息サービスは始まらないので、契約後慌てて借り入れをする必要がありません。

 

加えて、プロミスの無利息期間は、プロミスポイントというポイントを貯めることで復活させることが可能です。

 

その為、銀行カードローンは断られ、やむ終えず消費者金融カードローンで高額の借り入れをすることになった方などにも、プロミスならお勧めできます。

 

ポイントを貯められて、それを借り入れなどに関係するサービスに還元できるカードローンを展開しているのは、今のところプロミスだけです。

 

他にも、三井住友VISAプリペイドが同時に契約出来たり、スマホアプリにクーポンが付いていたり、「おとくらぶ」という会員優待サービスが受けられたりもします。

 

プロミスポイントで無利息期間をもう一度受けるとは?

 

プロミスポイントは、プロミスで契約後にプロミスポイントサービスに申込むことで貯まるようになります。

 

申し込み後、基本的にインターネット会員サービスを利用することでポイントが貯まります。

 

具体的なサービスとそれによって貯まるポイント数は以下の通りです。

 

プロミスポイントを貯める方法

  • プロミスポイントサービス申込=100ポイント
  • インターネット会員サービスログイン=10ポイント
  • 「プロミスのお知らせ」の確認=5〜20ポイント
  • 収入証明の提出=160ポイント
  • 返済お知らせメール=1ポイント
  • 取引確認メール=1ポイント
  • PCまたは携帯による書面の受け取り=1ポイント

 

収入証明書の提出は、借入額が50万円または他社借り入れ合わせて100万円となる場合にプロミスでは求められるので、それ以下は原則不要です。

 

ところが、ポイントサービスに申し込み、収入証明書を提出するだけでも、合計260ポイントのプロミスポイントが貯められます。

 

すると、そのポイント分だけでも無利息期間の復活が可能です。

 

貯めたポイント数に対する無利息期間は以下のようになっています。

 

プロミスポイントで受けられる無利息期間

  • 250ポイント=無利息期間7日
  • 400ポイント=無利息期間15日
  • 700ポイント=無利息期間30日

 

つまり、たった二つの条件を満たすだけでも、最低7日間の無利息期間が再度受けられます。

 

また、ポイントが貯まるサービスは借り入れをしている限り、自ずと利用するサービスですから借入期間が長ければそれなりに貯まっていきます。

 

プロミスのカードローン自体の金利は決して低くはありませんが、このポイントサービスを上手く利用すれば長期の返済も少しは楽になるといえるでしょう。

 

加えて、プロミスポイントは無利息期間の他にも提携ATM手数料無料(1カ月間)というサービスを受けるのにも利用可能です。

 

提携ATM手数料無料サービスは40ポイントで手軽に可能なので、ローンカードを発行してプロミスで契約した方は利用すると便利かと思います。

 

随時返済も積極的にするとさらに利息が減る!

 

プロミスで最初に契約した時の無利息期間と、プロミスポイントでの無利息期間を利用することで、他の消費者金融で借りるよりも利息がかからず借入が出来ます。

 

利息0円で借りられる機会が何度もあるのに加え、プロミスではインターネット返済で簡単に随時返済が可能です。

 

随時返済とは、約定返済日以外に返済をする事で、特に返済日の前に行う事で残高が減った分だけ利息負担が軽減できる特徴があります。

 

その随時返済を積極的にしていく事で、残高が早く減る為返済期間が短くなり、その分利息も嵩まずに完済出来る可能性が高いです。

 

プロミスのインターネット返済なら、返済日以外の返済でも振り込み手数料などがかかる事もなく、土日でも深夜でも自身の都合の良い時に返済が出来ます。

 

ATMまで行ったりする必要もないので、手間がかからず返済を思い立った時すぐに出来るのがメリットです。

 

ただし、プロミスインターネット返済で利用できる銀行のネットバンキングは以下に限られている点だけ注意して下さい。

 

プロミスインターネット返済可能な銀行

  • 三井住友銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行

 

返済がし易いという事も無利息期間の有無と同じくらい、完済までの利息額を左右するといえます。

 

プロミスの審査は難しくない?

 

プロミスで借りたい!と思っても審査に通過しないと借り入れが出来ません。

 

では、プロミスの審査は難しいのか?といえば、よほど信用情報に大きな傷がなければ、審査通過できるといえます。

 

低金利な銀行カードローンの場合は、信用情報の状態の他にも属性評価が求められる事が少なくありません。

 

しかし、基本的にプロミスのような消費者金融は金利が高い分、多少の貸し倒れリスクは審査でおおめに見てくれる可能性がゼロではありません。

 

ただ、中小消費者金融の審査ほどは甘くないので、多重債務だったり異動情報が付いている場合はプロミスの審査は通過出来ません。

 

カードローンも付属のサービスも充実のプロミス

 

以上のように、プロミスでは他の金融機関にはないサービスを受けることが可能です。

 

基本的に、金融機関で扱われているカードローンはキャッシングに際するメリットしかない事が多いですし、それが一般的です。

 

時に、プロミスはキャッシング以外の点でも力を入れているからといって、他の消費者金融などと比べて貸付条件が良くなかったり借り入れ・返済がし辛いなどという事は一切ありません。

 

例えば、上限金利が大手消費者金融の中では唯一18.0%以下の17.8%であったり、最短即日融資にも勿論対応しています。

 

融資スピードも、三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行口座宛の振り込みであれば、最短10秒振り込みの瞬フリというサービスがあるので申し分ありません。

 

返済に関しても、提携ATMの三井住友銀行ATMが手数料無料で利用できますし、インターネットからも約定返済のみではなく随時返済が可能です。

 

それらのメリットも踏まえると、無利息期間やポイントサービスも相まって、消費者金融のなかでプロミスは一番サービスが充実しているといっても過言ではないでしょう。