カードローン審査通過に年齢は関係するのか?

年齢

 

カードローンの申し込み条件には必ずといって良いほど、年齢制限が設けられています。

 

また、年齢はその様に申し込みが出来るかどうかにも関わりますが、審査の上でも少なからず影響があります。

 

年齢による一般的な社会評価は、融資をしても返済してくれる可能性があるか見極める為に、審査のうえで無視できない項目といえるでしょう。

 

審査に有利な年齢と不利な年齢がある!?

 

審査での年齢による評価の高低
  • 30〜50代=評価が高い
  • 20代前半、60代=評価が低い
  • 70〜80代=借りられない可能性が高い

 

働き盛りにあたる30〜50代だと、カードローン審査では評価が高いです。

 

というのは、収入がある程度安定している場合が多く、また仕事を安定的に続けていける年齢なので、収入が途切れるリスクが低いとみなされるからです。

 

逆に、20代前半のような若年層はまだ働き始めたばかりで、その後仕事を安定的に続けていくか判断がし辛いです。

 

また、若年層は貯蓄も十分にない可能性なども考慮して、返済が滞る可能性が否めないとみなされます。

 

加えて、借入・返済に慣れていない、つまりローン実績がないことが多いのも20代前半の特徴で、どう借り入れ・返済していくのか貸付側が判断しかねるという事も評価が低い理由です。

 

また、60代となると数年〜最高10年後には大抵のカードローンの貸し付け対象から外れてしまいます。

 

そして、もし年金受給だけでなく仕事をしていたとしても、他の年代と比べて病気になったりなどして仕事が急に出来なくなる可能性が高いです。

 

ハッキリいってしまうと死亡してしまった場合には、債権回収が出来なくなってしまうので、貸付側としては一番貸し倒れリスクが怖い年齢といえます。

 

70代以上の年齢の方は、まずカードローンでの契約は不可能となります。

 

その為、どうしてもお金が必要な場合は、公的支援を受けるか高齢者向けローンの契約を検討するしかありません。

 

若い方がカードローン審査通過し易い?

 

先述もしたように、新社会人になったばかりのような20代前半の方は、若すぎて評価が低いですから年齢が低ければ良いというわけではありません。

 

重要なのは安定した収入や適度に信用実績が積めている事なので、30〜50代に方のような働き盛りな年齢が審査では有利です。

 

20代の方が少しでも審査で有利になるには、クレジットカードや携帯割賦払いなどで信用実績、所謂クレヒスを積むのがおすすめといえます。

 

高齢者は年金以外の収入がないと審査落ち?

 

年齢制限に関しては若い方よりも、高齢者の方の方が審査がシビアといえるでしょう。

 

高齢者の方は年金受給者の場合、それ以外でパートなどの収入が毎月なければ、カードローンは組めない可能性が高いです。

 

年金受給者でも融資可能!わざわざ貸付対象に記載があるカードローンであれば、審査通過できる可能性がゼロではありません。

 

ちなみに、年金を担保にして融資をしても良いのは、国の公的金融機関だけなので民間の貸金業者で受け付けている場合は、違法ですから注意してください。

 

年齢制限!20歳未満・65歳以上はカードローンの申し込みが不可能?

 

20歳未満・60代以上の年齢の方はカードローン審査通過が難しいというよりも、まず申し込みが出来ないことが多いです。

 

その理由は、以下のそれぞれのカードローン貸付条件の年齢制限にあります。

 

各カードローン貸付条件の年齢制限
  • オリックス銀行カードローン=満20歳以上69歳未満
  • みずほ銀行カードローン=満20歳以上66歳未満
  • 三菱UFJ銀行バンクイック=満20歳以上65歳未満
  • 三井住友銀行カードローン=満20歳以上69歳以下
  • プロミス=20歳以上9歳以下
  • SMBCモビット=満年齢20才〜69才
  • アコム=20歳以上
  • アイフル=満20歳以上満70歳

 

ほとんどのカードローンは20歳未満の方の申し込みを受け付けていません。

 

原則、未成年者は民法で単独で判断し契約を結ぶことが制限されています。

 

加えて、未成年者が自身の一存のみで判断してした契約は、保護者(法定代理人)によって契約取消が可能です。

 

すると、金融機関が未成年に貸付をしても途中で返済されなくなってしまいます。

 

その為、どの金融機関のカードローンも満20歳以上でなくては申し込みが出来ないようになっているのです。

 

また、上記の年齢の上限を見ると分かるように70歳以上はカードローンを利用するのが難しいといえます。

 

アコムだけは年齢の上限を貸付条件では定めていませんが、それ以外の上記のカードローンでは最高でも70歳までとなっています。

 

貸付条件で定められている年齢制限はそれ以下でも以上でも、申し込みは受け付けてもらえず、しいては借り入れが出来ません。

 

ただし、ここで説明した年齢制限は、あくまでカードローン契約におけるものです。

 

その為、20歳以下の方や70歳以上の方がまったくローン契約が出来ないというわけではありません。

 

カードローンでは貸付対応していないだけであって、学生ローンや高齢者向けローンなどであれば契約可能で借り入れが出来ます。