カードローンが原因で住宅ローン審査に落ちることはあるのか?

家

 

住宅ローンは、ローンの中でも融資額が高額な、長期間かけての返済が前提である目的ローンです。

 

その為、住宅ローンの審査というのは、カードローン審査以上に厳正です。

 

住宅ローン審査が厳しいというのは、わりとどなたでも周知の事実だと思います。

 

加えて、住宅ローン申し込みの際には、カードローンで借り入れをしていると審査に落ちる!というような情報を見聞きした方も少なくないでしょう。

 

では、実際にカードローンを契約していると、絶対に住宅ローン審査に通らないのか?といえば、借り入れ状況と信用情報の状態によります。

 

ただ、どれだけ信用情報がきれいでも、借り入れ額がある分は住宅ローン審査で返済比率を割り出す際に、住宅ローンで借りられる金額が少なくなる要因となってしまいます。

 

家の購入を考えている手前、必要な金額を融資で調達できなくなっては困ってしまいます。

 

その為、現在進行形でカードローンの利用がある方は、一度申し込み前に、住宅ローン契約を考えている銀行や住宅購入先の営業の方などに相談してみる事をオススメします。

 

しかし、借り入れ件数が嵩んでいたり、返済遅延・延滞をして信用情報にキズや異動情報が載っている場合は、相談するまでもなく住宅ローン審査には通りません。

 

また、残高の完済はしたものの、カードローンの解約をしておらず借入枠が残っている場合は、解約してしまった方が心配がないといえます。

 

なぜ住宅ローン審査の際に、カードローンの利用が懸念されるかといえば、住宅ローン契約後にカードローンでの借り入れが原因で、返済が滞る事態を避けるためです。

 

また、カードローンで借りたお金を住宅ローンの返済に充てる。といった可能性が否定しきれません。

 

住宅ローンと違い、カードローンは借り入れ側の都合で追加融資が可能ですから、借り入れ癖が抜けずに、住宅ローンの返済分を残さずお金を使い込んでしまう方というのは、案外います。

 

そうなると、カードローンで住宅ローンを返済するという自転車操業の悪循環が起こってしまうので、それを住宅ローン審査では懸念しているのです。

 

住宅ローン(借換)

住宅ローンの金利や保証内容を一括比較⇒

 

住宅ローン審査で重要な返済比率とは?

 

上記で少し触れましたが、住宅ローン審査では返済比率を割り出して、貸付可能か判断する面が強いです。

 

返済比率は、年間合計返済額÷年収という計算で求められ、大体20〜25%以下ほどの返済率であれば審査通過の希望があるといわれています。

 

この比率を求める際に、年間合計返済額には、利用していない借入枠も含まれます。

 

その為、利用していないカードローンは解約するのが良く、クレジットカードのキャッシング枠もなるべく外しておくことが望ましいのです。

 

クレジットカードは、キャッシング枠だけが問題なのでショッピング枠は利用していても、住宅ローンに影響はありません。

 

ただし、クレジットカードもあまりに契約している数が多いと与信面で不安要素となるので、1〜2枚程度に絞っておくことをオススメします。

 

ちなみに、返済比率を求める際、住宅ローン契約者本人の年収だけでは必要借り入れ額に達しなさそうな場合、家族の収入も年収として扱う事が可能です。

 

しかし、住宅ローンのプラン内容によっては、配偶者の年収のみ合算可能で、その他は除く場合もあるので注意しましょう。

 

カードローンを住宅ローンに借り換えるのは不可!

 

時に、カードローンと付き合いが長い方は、住宅ローンを利用して借り換え・おまとめとして契約できないか考えることもあると思います。

 

ところが、残念ながらカードローンを住宅ローンに借り換え・おまとめすることは、基本的には出来ません。

 

簡単な理由が、資金用途がカードローンと住宅ローンでは違うからです。

 

カードローンは原則、資金用途自由で借り入れが可能なフリーローンの一種ですが、住宅ローンは最初に述べたように、資金用途が住居に関係することに限定されている目的ローンです。

 

その為、例えばカードローンで借りている生活費や交遊費を住宅ローンの残高として移すことは不可能といえます。

 

しかし、利用しているカードローンが銀行のもので、同じ銀行で住宅ローン契約を検討している場合、カードローンの解約を前提におまとめが出来ることも稀にあります。

 

どういう時にそのようなおまとめが可能か?といえば、カードローンの利用残高がわずかに残っており、完済を今すぐは出来ない状態の時に、銀行側からおまとめを条件にされたときです。

 

先述した返済比率が、カードローンのせいでわずかながら危ういものの、それ以外には審査落ちの要素がない、元からの銀行顧客の場合には実質おまとめの様な流れになる可能性があります。

 

ただし、借り入れ側の方から借り換え・おまとめを依頼しても要望が通ることはないので、原則、カードローンを住宅ローンに借り換え・おまとめすることは出来ないと思っておきましょう。

 

逆に住宅ローンはカードローン審査に影響するのか?

 

カード

 

住宅ローンの審査時には、カードローン利用が結果に影響を与える事をここまでは説明してきました。

 

では、逆に住宅ローンを組んだ後にカードローン契約をするとしたら、カードローン審査結果はどうなるか?

 

といえば、住宅ローンの返済が滞っていなければ、カードローン審査結果に大きく影響が出ることはありません。

 

寧ろ、銀行カードローンなどは住宅ローンを組んでいることで、カードローン契約をする際に金利が引き下げられたリすることがあります。

 

例えば、みずほ銀行カードローンは基準金利が4.0〜14.0%ですが、同行で住宅ローンを組んでいることでその金利から0.5%引き下げが適用されます。

 

みずほ銀行カードローンの他にも、地方銀行カードローンなどはその傾向にあるので、住宅ローンを既にどこかの銀行で組んでいる場合は、その銀行でカードローンを組むことをオススメします。

 

また、住宅ローンでの借り入れは、消費者金融で借り入れをする際の総量規制も関係ありません。

 

総量規制において、住宅ローンは適用外であることが明記されているので、他社借り入れ残高として総量規制でカウントされることはありません。

 

ただし、住宅ローンがカードローン審査にそこまで大きな影響を与えないからといって、住宅ローンを契約してすぐカードローンへ申し込むことはやめた方が良いでしょう。

 

というのは、借入残高としては総量規制で規制されることはありませんが、信用情報には借り入れ件数や申し込み履歴として住宅ローンの記録が記載されるからです。

 

住宅ローンは高額融資ですから、約定返済額もカードローンより高めであることが多いです。

 

その為、カードローン契約時に、すぐ直近に住宅ローンでの契約が信用情報に見られる場合、貸し付け側はカードローンまで組んで返済できるか?迷います。

 

借り入れ希望者の与信や収入が、住宅ローンとカードローンを併用しても返済が可能でありそうなら、カードローン審査を通過するでしょう。

 

しかし、不安要素がある場合は、住宅ローンも他社借り入れに他なりませんから、カードローン審査落ちになる可能性も0ではありません。

 

カードローン審査ポイントをさらに詳しく⇒


関連ページ

カードローン返済方法は何がある?どれがおすすめ?
カードローン契約はなんとか出来そう!でも、ちゃんと返済、完済できるか心配…各種返済方法のメリット・デメリットについて解説します。
学生でもカードローン契約は出来るのか?
学生とはいえ、大学生ともなればお金が必要なことも増えてくるでしょう。成人していれば、学生でも借り入れ可能なカードローンを紹介します。
携帯割賦払いとカードローンの関係とは?
身近なローン契約というと、クレジットカードやカードローンなどが挙げられるかもしれませんが、実は携帯料金も端的に言うと、ローン契約なのです。
銀行カードローンをキャッシュカードで利用する?
銀行口座を持っていると、自前のキャッシュカードにローン機能を付けてのカードローン契約が出来るのを知っていますか?ローン付帯型キャッシュカードについて説明します。
レディースローンとは?カードローンとの違い
カードローンを扱っている金融機関で、同じように女性専用ローン、レディースローンを扱っていることがあります。通常のカードローンと何が違うのか説明します。
カードローン無利息期間の注意点は?
カードローン契約では無利息期間サービスが適用されることがあります。その無利息期間適用に際して、気を付けると良い点を説明します。
WEB完結カードローンは何がWEB完結なのか?
カードローンの申し込みはネットからするのが昨今は主流となりつつあります。加えて、よく見聞きするようになったのがWEB完結契約。どのような点ががWEBで完結できるのか?説明します。
ローン契約機(自動契約機)は何に使うのか?
カードローンを扱っている金融機関の中にはローン契約または自動契約機といわれる機械を設置しているところがあります。ローン契約機(自動契約機)はどんな時に使うのか、説明します。