勤続年数が長くないと銀行の審査に通らないのか?

 

銀行のカードローン審査はしばしば厳しいと噂されています。

 

特によく見聞きするのが年収が低いと銀行では借りられない…といったものです。

 

年収はカードローン審査で属性という項目にあたるのですが、属性には年収の他にも勤続年数や雇用形態などといった様々な情報が含まれています。

 

その為、年収だけが原因で銀行審査に通らないという可能性は低いです。

 

また、年収が低い場合は同じ属性に含まれている勤続年数で、評価をカバーできる可能性があります。

 

勤続年数など属性だけが審査されるわけじゃない?

 

カードローンの審査で属性が問われるのは、借入側の収入の安定性を貸付側が計る為といえます。

 

ただ、カードローン審査では銀行でも消費者金融でも、基本的に属性よりは信用情報による与信状態の方が重要です。

 

信用情報にはそれまでの金融取引で、返済が遅れたことがなかったか?他からたくさん借り過ぎていないか?金融事故など重大な問題を起こしていないか?という情報が記録されています。

 

しかし、その中には借り入れ側の収入面の情報がないので、信用情報だけ出なく属性も審査されるのです。

 

また、金融機関はカードローンでは利息で利益を得ているので、出来れば誰にでも貸したいといえます。

 

その為、属性の項目は多岐に渡っており、少しでも返済能力が見込めるようにしているといえるでしょう。

 

特に勤続年数は、年収という具体的な収入額やなかなかすぐには変えられない雇用形態といった属性で、マイナス点が付いている時に重視される傾向にあります。

 

というのは、勤続年数が長い事で例え年収が低くても、安定して最低限はその収入が見込めるという判断が可能です。

 

加えて、雇用形態が非正規雇用の場合、勤続年数が長い事でその後に正規雇用になる事が見込めます。

 

したがって、勤続年数が長いと他の属性でのマイナス評価が、ただ審査に不利なだけではなくなるといえるでしょう。

 

銀行カードローンは金利が低い分属性評価が求められる!

 

その様に意外と勤続年数は審査の上で重要です。

 

その為、消費者金融よりも審査が厳しいといわれる銀行でカードローン契約する場合は、勤続年数が短いと契約出来ない!といわれている事もあります。

 

しかし、信用情報に問題がなく、属性でも勤続年数以外に特に問題になるような点がなければ、銀行カードローン審査の通過も出来ない事はありません。

 

ただし、銀行カードローンは金利の設定が消費者金融より低い分、貸し倒れリスクのある顧客を取らない傾向にはあります。

 

貸し倒れリスクのある顧客とは、返済能力が見込めない顧客と同じ意味ですから、勤続年数が短いというのもその要因に成り得るでしょう。

 

特に銀行カードローンでも、最高金利が年14.0%以下のように本当に低金利なカードローン審査は、信用情報だけでなく属性も審査で高評価でなくては借入が難しいです。

 

低金利な銀行カードローンは、金利で得られる利息分が少ないので、金利が高いカードローンよりも確実に返済をしてくれるであろう人を選んで融資をします。

 

すると、勤続年数が半年以下や1年未満というように、いつ仕事を辞めて収入がなくなってもおかしくないような属性の方は、貸し倒れリスクがある。として審査に落ちてしまうわけです。

 

ただ、銀行カードローンだからといって、どこの銀行でも低金利設定をしているわけではなく銀行カードローンの中でも優劣はあります。

 

例えば、3大メガバンクのカードローン金利を比較すると、最高金利が一番低金利なみずほ銀行カードローンと一番高金利な三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックでは年0.6%金利差があります。

 

メガバンクカードローン 金利

みずほ銀行カードローン

年2.0〜14.0%

三井住友銀行カードローン

年4.5〜14.5%

三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック

年1.8〜14.6%

 

また、みずほ銀行カードローンは金利も低いうえに最高限度額も800万円まで扱っていますから、あまり貸し倒れリスクを取ってくれないでしょう。

 

その点、三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックの場合はメガバンクの中では一番金利が高いですし、最高限度額も500万円までなので多少は審査が甘い可能性があります。

 

貸付条件が良い銀行カードローンの審査は、やはり通過が難しいです。

 

審査ハードルが高い銀行カードローンを選ぶ場合は、勤続年数が長くないと審査に落ちる可能性がゼロとは言い切れません。

 

勤続年数でも嘘を付くのはダメ

 

時に、申し込みの時に年収で嘘を付く事を考える方がいるように、勤続年数の場合も嘘を付くのを考える事もあるでしょう。

 

しかし、基本的に年収でも勤続年数でも申し込み情報で嘘を付くのは、逆に審査落ちのリスクが高くなるのでおすすめしません。

 

勤続年数が半年未満や1年未満の場合は、確かにそのままだと審査通過できるカードローンが限られてきます。

 

ただ、だからといって嘘を付いてまで審査が厳しい銀行カードローンに申込むのは止めた方が良いです。

 

基本的に申込情報の嘘はバレることが多く、バレた場合は勿論審査落ちとなります。

 

また、稀に審査に通過したとして、完済までバレないという保証もありません。

 

もしカードローン利用中に嘘を付いていた事がバレた場合は、借り入れ利用停止となります。

 

最悪の場合は残高の一括請求となり、支払いが出来ない場合は債務整理をする事になってしまいます。