借り換え審査は厳しい?審査ポイントと借り換えのメリット・デメリット

 

カードローンを使っていると、金利や返済額を下げるために借り換えを考える事もあると思います。

 

ところが、借り換えをする!といっても、簡単に出来るかどうか不安に思う事でしょう。

 

カードローン借り換えをするには、新規契約と同じように審査に通過する必要があります。

 

また、既に他社借入や残高がある分、新規カードローン審査と同じように審査通過できるとは限りません。

 

カードローン借り換えやおまとめの審査は厳しいのか?

 

金利が低いカードローンに借り換えるには、時にはカードローン新規契約よりも審査通過しにくいこともあります。

 

例えば借り換え前、銀行カードローンで契約できずにやむを得ず消費者金融で借りた方の場合は、やはり借り換え審査でも落ちてしまう可能性がゼロではありません。

 

借り換えの時に返済能力が銀行カードローンを断られたときより高くなっていなければ、やはり銀行カードローンへ借り換えることは出来ないといえます。

 

カードローン契約は、新規契約にしても借り換え・おまとめにしても信用取引で成り立つので、借り入れ側の属性や信用情報などの返済能力によって借り入れが可能かどうかは決まります。

 

つまり、それはローン審査が甘い、厳しいという問題ではなく、自身の信用度が金融機関から見て、低いのか高いのか?という事です。

 

ただ、返済一徹になる借り換え・おまとめの場合は、自由に借り入れが可能なカードローンへの借り換え・おまとめよりは審査のハードルが低めといえるでしょう。

 

借り入れ側は、契約時以降はひたすら約定返済日に決められた金額(またはそれ以上の上乗せ返済)を返済していくだけなので、貸付残高が増えることがありません。

 

したがって、借り換え先として契約した金融機関は、最初に融資した以上の貸し倒れリスクを背負う事がないです。

 

その際、万が一新規の借り入れ契約が禁止されているにも関わらず、ばれないだろうと思って借り換え・おまとめ先とは別に借入先を作った場合、いつかは途上与信を貸付側が行った際にバレます。

 

制約を破った場合は、返済一徹という条件で借り換え・おまとめした残りの残高を一括請求されるので、絶対にしないようにしましょう。

 

借り換え審査でチェックされるポイントとは?

 

借り換え審査も、通常のカードローン審査同様に、属性と信用情報がチェックされます。

 

その際どの様に審査がされるかというと、以下の通りです。

 

  • コンピューターでのスコアリング=属性評価
  • 申し込み内容の確認=信用情報の照会

 

審査では、属性のスコアリングといって各情報を点数で分けることをします。

 

スコアリングは基本的にコンピューターが行うので、どこへ借り換えをする際でもある程度審査基準が同じといえるでしょう。

 

雇用形態が公務員や正社員だと審査に有利

 

例えば、収入に安定性が認められる公務員や正社員の方が、パート・アルバイト、派遣社員の方と比べると点数が高く付き易くローン審査に通りやすいというのは事実です。

 

雇用形態の属性審査での評価が高い順番は以下の通りです。

 

評価される雇用形態の優先順
  • 公務員
  • 大手企業正社員
  • 中小企業正社員
  • 自営業、派遣・契約社員
  • パート・アルバイト

 

パートやアルバイトだからといって、借り換え審査に通過出来ない!とは断言できませんが、銀行の通常カードローンへの借り換えは難しい可能性が高いです。

 

ただ、借り換えたい金額によっても、審査通過率は変わってくるので残高が少額であるなら、雇用形態だけで審査に落ちるような事はないでしょう。

 

勤続年数の長さもポイント

 

加えて、勤続年数が長い方が属性審査で評価されます。

 

勤続年数は最低1年はないとカードローンの審査結果に響いてくる可能性があり、5年以上ある場合は属性審査で評価が高いです。

 

借り換えが出来ないというわけではありませんが、属性のスコアリング評価が低いとおまとめなどの場合、残高の一部の借り換えになってしまう事があります。

 

時に、残念ながら専業主婦以外で無職の方は、返済能力に充てられる収入の出どころの証明のしようがない為、基本的には借り入れも借り換えも出来ません。

 

また、賭け事などで得られる金銭は安定した収入とは言えません。

 

他社借入や返済遅延・延滞が信用情報にあると審査落ち?

 

審査では信用情報の履歴も精査されます。

 

また、どちらかといえば、信用情報の履歴に審査結果は左右されやすいです。

 

その為、いくら年収が高額で勤続年数が長くても、信用情報に後述する複数の借り入れ件数があったり、返済遅延・延滞などがあると審査通過は出来ません。

 

しかし、逆に信用情報が良好で、ある程度安定した収入があるなら、ほとんど問題なく借り換え審査に通過できることでしょう。

 

加えて、属性値が低い方は、クレジットヒストリーといわれるローン利用実績を積んでいると、属性スコアリングでの評価を補填できる可能性があります。

 

属性は、審査通過の可能性よりも借りられる金額に対しての影響が大きいです。

 

つまり、高額の融資を希望する場合は、信用情報が良い状態なのに加えて、属性スコアリングの点数も高い必要があります。

 

ただ、逆に信用情報に返済遅延などの問題がある場合は、属性評価が低いことで審査結果を左右する要素になる可能性が否めません。

 

カードローン借り換えのメリットとは?

 

無事カードローン契約後に、借入・返済をしていて金利が高く利息負担が重い…現在の約定返済額を払うのが厳しくなってきた…という問題が出てくることがあります。

 

借り換えのメリットは、その様な返済状況の改善が出来る事といえます。

 

特に以下のような状態でカードローンを利用している方は、積極的に借り換えを検討した方が良いといえます。

 

カードローンの借り換えを考えた方が良い状態
  • 借り入れ残高が100万円以上
  • 借入先が複数(3社以上)ある
  • 年間の返済額が年収の25%以上
  • クレカのリボ払い残高がある

 

残高が100万円以上の場合、各金融機関毎に如実に金利に差がある為、契約先を選び直すことで完済までにかかる利息が効果的に削減できる可能性が高いです。

 

また、借入先が3社以上で多重債務手前で返済を続けている場合は、ローンの一本化での借り換えをすることで返済が楽になります。

 

上述した利息負担の軽減は勿論、借入先を1つにまとめたことで毎月の返済も1回になるので、各金融機関ごとの返済日をバラバラに意識しなくても良くなり、精神的にも楽になるといえます。

 

加えて、カードローンの1年間の返済額が自身の年収の内の25%以上を占めている場合は、返済不能になりかけている状態です。

 

25%という割合は、住宅ローンの審査の基準の一つである返済負担比率のボーダーラインです。

 

住宅ローンでは、カードローンも含め、クレジットカードやオートローンの返済額も合わせて、返済負担比率が30%〜40%を超えると審査落ちの可能性が高いとされています。

 

つまり、カードローンの年間の返済だけで25%も負担がある事がマズいのは明白でしょう。

 

もし、以上のようなカードローン利用状況にある方は、借り換えで状況改善をした方が良いです。

 

ただし、カードローンの借り換えとは、実際の残高が変わるわけではなく、あくまでその都度かかる利息分が軽くなったり、毎度の返済がしやすくなったりするといったものです。

 

借り入れた金額そのものが安くなるわけではありません。

 

借りたものを借りた分だけ返すのは当たり前のことです。

 

カードローン借り換えは、既にある残高を希望額として別のカードローンに申し込み契約するので、借り換えをすれば残高がすぐに減るというものではありません。

 

クレジットカード残高もカードローンに借り換えできる!

 

時に、クレジットカードのリボ払い残高やキャッシング枠残高が嵩んでいる場合も、カードローン借り換えがオススメです。

 

というのは、リボ払い手数料やクレカのキャッシング枠金利は高めだからです。

 

リボ払い手数料は、消費者金融カードローンに比べると利率が低いですが、銀行カードローンよりは若干高いといえます。

 

また、キャッシング枠の利率は消費者金融カードローンとほぼ同じくらいなので、特に借り換えを検討した方が良いでしょう。

 

借り換え先は銀行カードローンがおすすめ?

 

現在の借入先が消費者金融である場合は、銀行に借り換えることでほぼ確実に金利が低くなります。

 

例えば、大手消費者金融から低金利な銀行カードローンへ借り換えると、以下のように低金利に出来るといえるでしょう。

 

100万円以下の低金利借り換え(例)

  • プロミス 年17.8%→みずほ銀行カードローン 年14.0%
  • SMBCモビット 年18.0%→三井住友銀行カードローン 年14.5%
  • アイフル 年18.0%→横浜銀行カードローン 年14.6%
  • アコム 年18.0%→三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 年14.6%

100万円超200万円以下の低金利借り換え(例)

  • プロミス 年15.0%→みずほ銀行カードローン 年12.0%
  • SMBCモビット 年15.0%→三井住友銀行カードローン 年12.0%
  • アイフル 年15.0%→横浜銀行カードローン 年11.8%
  • アコム 年15.0%→三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 年13.6%

 

上記はいずれのカードローンも、借入額に対して上限金利(最高金利)を設定した場合となっています。

 

借り換え審査時の与信状態が良ければ、借り換え先では上限金利よりも低い金利で借りられることも可能性としてはゼロではありません。

 

ただ、基本的にカードローンで実際に適用される金利は上限金利が多いので、そのうえで低金利になるような借り換え先を検討するようにしましょう。

 

上記の借り換え例の金利を見ても分かるように、大手銀行カードローンの中ではみずほ銀行カードローンが低金利借り換えには向いています。

 

ちなみに、ローンの借り換えは消費者金融でも出来ますし、借り換え・おまとめ専用のローンを打ち出しているところもあります。

 

しかし、消費者金融はどこも銀行に比べると金利が高い為、借り換え先にしたとしても、おまとめ以外はメリットがありません。

 

消費者金融の金利が平均して18%くらいのところ、銀行の金利は平均で14.5%と3.5%の差があります。

 

少額で単純に計算してみると、実質年率18%で40万円を借りたとして毎月の利息分は5,918円で14.5%の場合では4,767円で、ひと月の利息の差分は1,151円です。

 

なんだその程度か、とこの数字だけでは思われるかもしれません。

 

では、この利息計算で毎月10,000円支払って(定額リボルビングで)40万円を完済した際にかかった支払利息額で比較してみると18%=215,431円、15%=149,798円で、前者は利息だけで20万円追加で払っていることになります。

 

そして正確な差分は65,633円違ってきます。

 

6万というとそれなりの額ですよね?ともすれば、賃貸アパートやマンションのひと月分の家賃になる額です。

 

以上の金利のメリットを前提として、後述では銀行に借り換える際に、どこへ借り換えると、返済が楽になった!と実感できるか返済方式の仕組みも軽く交えながら、借り換えの目的別に紹介していきます。

 

銀行カードローンは提携ATM手数料がかかりにくい!

 

時に、借り換えのメリットとして、あまり大きく取り上げられることはありませんが、銀行カードローンに借り換えをすると手数料無料で利用できる提携ATMが増えることもあります。

 

ネットバンキングで借り入れ・返済をしている場合は、あまり関係がありませんがローンカードでATMから入出金をしている場合は手数料も気を付けた方が良いです。

 

基本的に消費者金融では、自社のATMしか手数料無料になっていないことが多いです。

 

提携ATMの利用は出来ても、借り入れ・返済する金額によって100〜200円+税の支払いが必要となります。

 

ところが、銀行カードローンの場合は、コンビニATMが利用手数料無料で利用できることが多いです。

 

コンビニATMであれば、原則365日24時間稼働していますし、利用に赴くのに苦労しないといえます。

 

ATM手数料も、何度も払っていると利息と変わらないくらいの料金になってしまう可能性が否めませんから、ATMの利用がしにくい場合もカードローン借り換え検討の余地があるでしょう。

 

借り換えにデメリットはあるのか?

 

カードローン借り換えのメリットは上述してきた通りですが、逆にデメリットや注意点はないかも心配なところだと思います。

 

借り換えをする場合に生じる可能性があるデメリットとしては、以下のような事が挙げられます。

 

借り換えする事によるデメリット

  • 金利が高くなってしまう事がある
  • 返済期間が長くなりがち
  • 申し込みに手間がかかることがある
  • 借り換え後に追加融資が受けられない

 

借り換えの一番のメリットは低金利になることなのですが、借り換え契約先をよく吟味しないと逆に高金利になる事があります。

 

基本的に、カードローンの金利は限度額毎に決まっていることが多く、例えば、A社では限度額150万円の場合金利12.0%のところ、B社では同じ限度額でも金利が14.0%であるという事が実際あるからです。

 

その為、カードローンで前面的に謳われている下限金利と上限金利だけをみて借り換えをしないようにしましょう。

 

金利の次に注意が必要なデメリットとして、借り換え後に返済期間が間延びしてしまう事です。

 

返済期間のデメリットについては、返済額との関係もあって若干複雑といえます。

 

間延びしないようにする方法としては、約定返済以外にも繰り上げ返済や随時返済する事が挙げられますが、毎度の返済額との兼ね合いもあるので、詳細は後述します。

 

カードローン借り換えは手間がかかるというデメリットは、消費者金融などで総量規制例外貸付での借り換えをする場合に生じることが多いです。

 

例外貸付は、総量規制の範囲を特例で超えて貸付をする事になるので、申し込みをするのに借り換え先の実店舗まで赴く必要が出てきます。

 

つまり、通常のカードローン契約のようにネットからは手軽に申し込めません。

 

ただ、借り換え・おまとめ専用ローンではなく、通常の銀行カードローンなどを借り換え先に利用するなら、借り換え用途での契約でもネット申し込みが可能です。

 

最後の追加融資が出来なくなるデメリットは、借り換え・おまとめで完済を目指す方には、逆に借り入れの抑止力になるのでメリットといえるでしょう。

 

しかし、借り換え後に緊急でお金が必要になっても借り換え先のローンでは、追加融資が受けられずどうにもならない状況になってしまうリスクが否めません。

 

追加融資が出来なくなるのも、例外貸付や借り換え・おまとめ専用ローンに多いデメリットです。

 

カードローン借り換えはメリットもありますが、デメリットや注意点がないわけではないので、契約先をよく吟味してから借り換えをするようにしましょう。

 

返済期間短縮の為には低金利ローンと繰り上げ返済が不可欠?

 

借り換えのデメリットの中でもよく理解しておきたいものとして、返済期間と返済額の関係が取り上げられます。

 

月々少額返済の説明では、残高スライド元利定額リボルビング方式の利点を主に取り上げましたが、返済方式がそうであるが故のデメリットもあるのです。

 

一つの方法で全てが解決すれば返済方式も、やれ元利・元金だ、いや定率・定額だ、それリボ・分割だetc…などといった風にややこしくする必要はないのですがそういうわけにもいかないのです。

 

ズバリ、元がリボルビング方式なのは変わらないため返済期間が延びがち

 

これが残高スライド元利定額リボルビング方式の欠点です。

 

しかし、これはその都度の返済に少し工夫をするだけで改善の余地があります。

 

その工夫というのが、繰り上げ返済や随時返済、上乗せ返済といった約定返済以上に返済をする事です。

 

随時返済や繰り上げ返済をした金額は、基本的に利息を含まない元金に充てられます。
その為、通常の約定返済をするよりも残高の減りが大きいですし、その分早期完済がし易くなります。
約定返済日に決められている額に+αで追加返済をする金額分も元金の返済になるので、自身にあった方法でなるべく約定返済額以上の金額を毎月返済すると良いと思います。

 

借り換え審査は、そこまで通過が難しいものではありません。

 

また、借り換えをする事によるメリットは完済までの返済を助けるのとても役立ちます。

 

ただ、デメリットもゼロではないので、自身の与信状態や返済状況をよく顧みてから、カードローン借り換えをするようにしましょう。