審査が通らない原因はどこにあるのか?

 

カードローンに申込んで審査に落ちてしまうと、何が一体原因なんだろう?という疑問がわくと思います。

 

そうして、申し込みをした金融機関に何が審査に通らなかった原因かを尋ねてみても、答えてくれません。

 

しかし、審査が通らないというのは、単に運が悪かったという事では片付きません。

 

何かしらお金を貸すのに問題がある事柄が原因としてあります。

 

カードローン審査で、金融機関は申し込みのあった方の信用情報を調査します。

 

その為、審査が通らない原因は主に信用情報に記録される履歴にあるといえます。

 

では、信用情報に記録され、審査落ちの原因になる事柄とは何か?といえば、簡単にまとめると以下の通りです。

 

審査が通らない原因
  • 金融事故を起こしている
  • 他社申し込み・借り入れ件数が多い
  • 借り入れ額が総量規制を超えそう
  • 申し込み情報が嘘

 

絶対的に審査が通らないのは、上記の中でもでも特に、金融事故を起こしたことがある場合と貸金業者からの借り入れが年収の3分の1を超えてしまう場合といえます。

 

異動情報が履歴にあると絶対に審査に通らない!?

 

金融事故とは、返済遅延でも2〜3ヶ月以上延滞をしている、強制解約、債務整理などをして、最終的にローンを無事に完済できなかったことを意味します。

 

ちなみに、債務整理には任意整理・個人再生・自己破産というように種類がありますが、全て金融事故です。

 

金融事故を起こすと、信用情報に異動情報という形で負の取引履歴が記載されます。

 

俗に言われるブラックリスト入りしているとは、その様に事故情報が信用履歴についている事を指しています。

 

実際に金融事故情報を起こした人々がリストアップされて保管されているわけではありません。

 

その異動情報が消えるまでは、一切のローン契約が出来ないのでカードローンに申込んだところで、即審査落ちです。

 

信用情報は、JICC・CIC・全国銀行個人信用情報センター(JBA)という三機関で情報の管理がされています。

 

基本的に、JICCとCICでは消費者金融やカード会社での取引履歴、全国銀行個人信用情報センターでは文字通り銀行での取引履歴が主に保管・管理されています。

 

信用情報に金融事故の履歴がある場合、消費者金融などの貸金業者との取引で起こしたのか、銀行との間で起こしたのかで異動情報が記録される期間が異なってきます。

 

例えば、JICCとCICでの金融事故にあたる延滞や債務整理は、5年を基準に最高7年間で信用情報から記録が消えます。

 

ところが、全国銀行個人信用情報センター(JBA)では、債務整理のうち個人再生と自己破産に関しては、最高10年間記録が消えません。

 

その為、消費者金融カードローンやクレジットカードより、銀行のカードローンで問題を起こしていると、借り入れが出来ない期間が長くなるといえるでしょう。

 

逆に、JICCとCICで扱われている信用情報に問題があった場合は、全国銀行個人信用情報センターよりは喪明けのタイミングが早いといえます。

 

ちなみに、事故情報が信用情報から消えればすぐにカードローンなどの借り入れが可能か?といえば微妙なところです。

 

金融事故情報が消えるまで最高で5〜10年間は何も信用取引の記録が付かないので、喪が明けると不自然に信用情報が真っ新な状態になります。

 

そこで、信用情報が真っ新であることで、以前に金融事故を起こしたことがあることを金融機関は疑うので、喪明けすぐも審査通過は難しいといえるでしょう。

 

他社への複数申し込みと借り入れは審査落ちの原因になる?

 

金融事故情報のように、信用情報に記載されていることで即審査落ち。という事はありませんが、他社申し込みと件数は審査落ちの原因になりやすいです。

 

信用情報には、返済が正常に行われているか?という取引履歴の他に、申し込みや借り入れ契約件数などの情報も記録されています。

 

というのは、上述したような金融事故を起こしてしまいかねない状態の人を審査で見つけるために、そのような情報が設けられているといえるでしょう。

 

他社への申し込みや残高が既にほかにあることで、異動情報が付いてしまうという事はありませんが、その一歩手前であるとして信用の傷があると審査で判断されやすいです。

 

つまり、他社への複数申し込みや複数借り入れ契約がある事も審査に通らない原因といえます。

 

その為、例えすぐに借り入れがしたくても、1カ月以内など短期間に3〜4社も申し込むのは審査に落ちる確率を上げることになるのでやめましょう。

 

ただ、申し込み件数も審査落ちの原因になりがちですが、それよりも影響が大きいのが他社借り入れ件数です。

 

他社借り入れにはカードローン契約だけでなく、クレジットカードキャッシングも含まれます。

 

他社契約件数は3社以上となると審査落ちの原因になってくるので、不要なクレジットカードキャッシング枠などは解約しておきましょう。

 

ただし、一切カードローンやクレジットカードなどの履歴がないと、カードローン申し込み時の年齢によっては審査に不利になります。
それは、信用情報にまったく取引履歴がない事で、スーパーホワイトといわれていますが、先述した喪明けの状態と審査で疑われるからです。
本当に喪明けではないなら、スーパーホワイトが審査が通らない直接の原因になる可能性は低いでしょう。
しかし、貸し付け側からすると信用情報がきれいすぎる事も不安要素として見込まざるを得ないといえます。

 

総量規制!年収の3分の1以上の申し込みは審査通過不可?

 

上記の審査が通らない原因は、全て信用情報の状態に問題があることですが、以降は信用情報に加え、法律やカードローンの原則も関わってきます。

 

まず、貸金業者は貸金業法の総量規制によって、申込者の年収の3分の1までしか貸付がしたくても出来ません。

 

その為、消費者金融カードローンに申込む場合、借り入れ希望額が年収の3分の1以上だと絶対に審査に通りません。

 

何故なら、総量規制を破った貸付をすれば、消費者金融には法律で定められた罰則が待っているからです。

 

したがって、消費者金融で年収以上の金額で申し込む、または残高が既に年収の3分の1満額の状態で申し込んでも審査に通ることは無いです。

 

年収制限に関して述べると、やはり年収が高くないと審査に通過できないのか…と思われるかもしれませんが、厳密にはそうではありません。

 

混同しやすいのですが、総量規制の年収の3分の1までという規定は、何も年収が高くないと審査に通過させてはいけない。という法律ではありません。

 

そもそも総量規制は、貸付をする貸金業者に対する法律なので、本来は、年収の3分の1までが一般的に無事完済できる借り入れ額の基準として多重債務にならないように。という借り入れ側を守る内容なのです。

 

その為、年収が原因で審査に落ちてしまうという事はほとんどないです。

 

年収が原因で審査が通らないというのは、著しく年収額が低い場合のみですから最低で100万円ほど年収があるなら、1円も借りられないという事はないでしょう。

 

審査のうえで、年収は高いかどうかよりも安定して収入がある事が重要となっています。

 

年収が高いかどうかよりも、纏まった勤続年数や勤続期間がない事の方が審査では悪影響といえるでしょう。

 

その為、日雇いやギャンブルなどで金銭を得ていても、それを返済能力としてカードローン審査に通過することは出来ません。

 

審査に通る為についた嘘は逆に審査落ちの原因?

 

加えて、総量規制の年収制限を理解しているからこそ、どうしても希望額で審査に通過したくて嘘の申し込みをする事も審査通過の妨げになります。

 

金融機関には、これまでのカードローン取引で培われてきた貸付審査のノウハウや顧客データがあるので、申し込みで嘘をつかれても見破るのは難しくありません。

 

収入を謀って申し込みをして稀に契約できたとしても、バレた時点でカードローン利用停止となります。

 

そうなるとカードローン契約がせっかく出来ても返済一徹となるので、正直、審査通過した意味がありません。

 

また、自身の雇用形態や勤続年数に不安があるからといって、嘘の情報で申し込むのもやめてください。

 

専業主婦(主夫)の方は、確かに消費者金融ではカードローン契約は出来ません。

 

しかし、まるで働いて収入があるような嘘をつかなくても、銀行カードローンであれば専業主婦(主夫)の方でも貸付対応してくれます。

 

アルバイト・パートのような非正規雇用者の方でも、月収のような定期的な安定した収入があるなら、その収入で無理がない範囲で消費者金融でも銀行でも嘘をつかなくても借入は可能です。

 

その為、下手な嘘をついての申し込みをしなくても、先述した信用情報に残るような問題がなければ審査通過は可能です。

 

ただし、借り入れ希望額が高額の場合は返済能力に見合っていないと、望んだ金額での契約は出来ません。

 

だからといって、そこで嘘をついて申し込みをすると、今度は希望額が借りられないどころか、審査通過さえままならなくなります。

 

銀行と消費者金融ではカードローン審査に差があるのか?

 

人によっては、大手消費者金融の審査には通過できるけど銀行では通過できない…やっぱり銀行は審査が厳しいの?と思う事もあるでしょう。

 

ただ、これは詭弁でもなんでもなく、本来は消費者金融と銀行で審査に差があることはないのです。

 

その為、ここまで述べてきた審査落ちの原因にあたるものがなければ、原則、どちらであっても審査には通過できるはずです。

 

ところが、審査に通過出来ても借りられる金額というのは変わってくる可能性があります。

 

銀行の審査に通過した方が借りられる金額は多くなることが多いです。

 

しかし、それは上述した総量規制の年収制限によるところが大きく、審査の厳正さの差とは言い難いです。

 

そして、審査を通過するには年収の高さはそこまで重視されませんが、高額融資を希望して審査を受ける場合は、年収も高額でなければ希望額は借りられないといえます。

 

そのあたりを合わせて考えてしまうので、漠然と銀行審査の方が厳しいと感じてしまいがちといえるでしょう。

 

要するに、自身の返済能力に見合った希望額で申し込み、審査が通らない原因が何もないならば、銀行であっても審査通過出来る可能性は大手消費者金融とそう変わらないのです。

 

審査落ちの原因があっても中小消費者金融なら借りられる?

 

時に、銀行カードローンや大手消費者金融カードローンの審査には、ここまで述べてきた原因のいずれかがあることで通過しなかったとします。

 

すると、どうしてもお金が借りたい方がまず考えるのが、中小消費者金融なら借りられるかもしれない!という事です。

 

というのは実際、中小消費者金融では他社借り入れ3社以上でも貸付可能、債務整理後でも貸付可能、として営業しているからです。

 

ただし、だからといって無収入であったり自己破産直後でも借り入れが出来るというわけではありません。

 

最低限、安定した収入があり、それなりに返済能力があるかどうかは中小消費者金融の審査でも問われますから、必ず借りられるとは限りません。

 

また、正直なところ返済の大変さや利便性に欠ける点を考えると、中小消費者金融での借り入れはあまりオススメしません。

 

それに借りられたとしても、10万円以下の少額の限度額となるので、大手消費者金融や銀行カードローンのように何十万と中小消費者金融で借りるというのは現実的ではありません。

 

加えて、中小消費者金融での借り入れ・返済は、大手消費者金融よりも手数料が発生する場面が多く、利息負担も大きいです。

 

その為、例え中小消費者金融で審査に通過したとして、収支の改善が上手くいくかは微妙なところといえるでしょう。

 

もし、銀行も大手消費者金融も審査に落ちてしまって後がない、しかしまとまったお金が必要…という場合は、借り入れ以外の方法でお金を工面することも考えましょう。