自動車ローン審査に通過するには?カーリース審査も解説

 

車の購入代金をローンで建て替えるために組むのが、自動車ローンです。

 

自動車ローンは、車メーカー(ディーラー)や銀行、信金、ろうきん、JAバンクなどで扱われています。

 

その中でも、特に消費者が利用するのが車メーカーのディーラーローンや銀行の自動車ローンといえるでしょう。

 

自動車ローン審査通過のためのポイントは?

 

基本的に、自動車ローンの審査は車のメーカーや銀行自体が行っているわけではなく、それらと提携しているファイナンス会社や信販会社などが行います。

 

したがって、例えば車メーカーでディーラーローンを組むとして、審査に通過出来なかったからといって、メーカーの担当者審査基準を聞いても分からないので教えてもらえません。

 

では、銀行の自動車ローンでは審査基準が教えてもらえるのか?といえば、そうではありません。

 

基本的に、自動車ローンに限らず、ローン契約などの審査基準は公になっていないのです。

 

ただ、審査では必ず信用情報という個人情報を照会して与信を問うので、自動車ローンの審査ポイントも信用情報にあるといえます。

 

金融事故の履歴が信用情報にあると自動車ローンで審査落ち?

 

信用情報に記録される履歴の中で、一番注意したいのが金融事故情報です。

 

金融事故を起こしていると確実に自動車ローンには通過出来ないといえます。

 

金融事故は具体的に以下のようなものです。

 

  • 延滞(2〜3カ月以上の支払い滞納)
  • 債務整理(任意整理・自己破産など)
  • 代位弁済
  • 強制解約

 

上記のような金融事故を起こしているかどうかは、信用情報を照会することで確認が可能です。

 

金融事故の履歴が信用情報にある場合は、その履歴が消えるまで自動車ローン含む信用取引がほとんど出来ないといえます。

 

事故情報は5〜10年経つことで信用情報から履歴消えるので、その後でないと信用取引の契約は難しいでしょう。

 

また、金融事故までいっていないとしても、他のローンやクレジットカードで返済遅延を何度もしているような場合も自動車ローン審査に不利です。

 

1年内の数日の返済遅延が3回以上などに及んでいる場合は、長期の延滞と同じくらい審査では印象が悪いといえるでしょう。

 

特に、自動車ローンに申し込みをした直近の他ローンやクレジットカードの返済が遅れていると、審査に悪影響といえます。

 

自動車ローン審査は他社借入残高による返済負担率が重要!

 

返済が遅れているわけでも、金融事故を起こしたわけでもないけど、他社借入を複数している。という場合も注意が必要です。

 

借入件数でいうと、カードローンやクレジットカードキャッシング枠が4〜5件以上ある場合は、多重債務とみなされます。

 

また、自動車ローンの審査ではより具体的に他社借入の残高と、申し込みをした方の返済能力を精査する為、返済負担比率を重視しているといえるでしょう。

 

返済負担率とは、自身の年収に対してのローン全般の返済額のことです。

 

返済負担率は、年間返済額÷年収×100という計算で求める事が出来、35%〜40%ほどまで割合が及んでいると、自動車ローン審査に落ちる可能性が高いといえます

 

返済負担率を抑えようと思うなら、収入を上げるか他のローン残高を減らす必要があるでしょう。

 

収入は上げようと思っても簡単にはいかないと思うので、自動車ローンに申込む前に他のローン残高を少しでも減らしておくのが対策として向いているといえます。

 

収入が低いなら購入する車の代金を安くする

 

自動車ローンは高額の融資となる為、上述した信用情報や返済負担率に加え、年収や勤続年数などの属性情報も重視されます。

 

基本的に、自動車ローンの審査に問題なく通過しようと思うなら、年収は200万円以上あった方が良いです。

 

また、勤続年数や雇用形態は収入と密接な属性情報といえるので、勤続が長く出来れば正規雇用であった方が審査に有利といえます。

 

もし、収入などの属性に不安がある場合は、購入する車の代金を低くすることで、審査通過の可能性を上げる事が出来るでしょう。

 

高い車を買おうと思うと、自動車ローンで借りる金額も高額になるので、審査ハードル上がります。

 

しかし、逆にローンで借りる金額を低くするなら、融資額が少ない分貸し倒れリスクが低いと審査で判断されやすいです。

 

自分の収入と購入する車の金額の折り合いをつける事も、自動車ローン審査通過のポイントといえるでしょう。

 

カーリースの審査は自動車ローンより甘いのか?

 

時に、車を購入し自分の物にして乗るのではなく、車を借りて使うというカーリース契約という手段もあります。

 

車を購入するのではなく借りるだけなので、自動車ローン審査よりもカーリース審査の方が甘いのではないか?と考える方もいるかもしれません。

 

ところが、基本的にはカーリースの審査基準も自動車ローン審査と変わりません。

 

その為、金融事故を起こしていれば、カーリース契約をするのは厳しいですし、年収の高さも同じ程度あった方が良いでしょう。

 

ただ、カーリースの場合は、あくまで車の保有者はリース会社になるのもあって、若干審査基準は低めといえるでしょう。

 

加えて、カーリース会社の中には、条件付きや中古車リースに限り、信用情報を照会しない独自審査でリース契約が可能なところもあります。

 

しかし、独自審査で契約出来るカーリースでは保証人が必要で、用意できなければ契約は出来ません。

 

また、独自審査のカーリースで借りられる車は、車種が限られることが多いといえます。

 

カーリースと残価型クレジットの違いは?

 

最近は車メーカーが残価型クレジットという形のローンを扱っているため、カーリースよりもそちらを利用している方が多いです。

 

カーリースも残価型クレジットも、定期的に車を乗り換える事が可能なので、様々な車種に乗ってみたい方にオススメといえます。

 

カーリースは、元々車を借りる金額の一定額を据置する仕組みの為、通常の分割払いの自動車ローンよりも毎月の返済額が少額です。

 

残価型クレジットローンは、カーリースの車の代金の一部を据置するという特徴が応用されているので、同様の特徴を持ちます。

 

ただ、仕事で利用するのに車が必要な企業などは、カーリース契約にする事で、自動車の管理などの手間が省けるというメリットがあるので今でもカーリースが利用されているといえます。

 

個人向けのカーリースでも、月々の支払額分に税金額や車検費用、メンテナンス費用も含まれて一定額という返済になります。

 

また、リース契約する会社によってはガソリン代の割引などもあるので、その様な点が新車を残クレジットで購入する事との違いといえるでしょう。

 

残価型クレジットは、カーリースと違い車の代金以外は含まれない金額を支払うローンですが、ディーラーが扱っていることが多いので新車を選ぶ事が可能です。

 

加えて、ディーラーローンの審査は系列のファイナンス会社が行うのですが、信販会社と比べると審査ハードルがそこまで高くないといえます。

 

その代り、カーリースは手数料が、残価型クレジットなどのディーラーローンは金利が、銀行の自動車ローンの金利と比較して高めです。

 

ローンの金利は貸し倒れリスクが高い顧客を取るほど、高い設定になっている傾向にあります。