最初から200万円限度額希望で借りられるのか?

おかね

 

カードローンは、本来個人向けの少額融資を早く行う事に特化したローンです。

 

ところが、昨今のカードローンでは最高限度額500万円や800万円という高額を扱っています。

 

その為、希望額を200万円とし、カードローンへ申し込むことは可能です。

 

しかし、200万円という金額は高額ですから、誰でもが審査に通過し借りられるわけではありません。

 

最初から200万円や300万円などの高額限度額で本当に審査が通るのか?

 

といえば、結論を先に述べれば、今まで利用したことが無い人が突然カードローンを申込み、200万円〜300万円借りられる確率はかなり低いといえるでしょう。

 

カードローンで最も重要になるのは、その人が本当に返済して完済までできるのか?という「信用」です。

 

その信用が100%ある方になら、はっきり言っていくらでも貸したいのがカードローンを扱う金融機関の本音でしょう。

 

カードローン会社は融資残高を上げなければ、利息の収入が増えないので、多くの人に融資をしたいと思っているのです。

 

ところが、契約したからといって、中には返済が滞って完済できない利用者もいます。

 

そのあたりを金融機関は見極めるために、カードローン審査を行い、どれくらいの金額なら申し込み希望者に融資できるか判断をするのです。

 

100万円未満の少額融資であれば、審査はある程度自動化になっていますが、200万円以上の貸付の場合は、間違いなく人の判断が入ってきます。

 

最初は金額を押さえて融資されるケースが多い

 

話しを元に戻すと、初めての申込みで仮に300万円申込みした場合、貴方が審査担当者だったら、貸付をしますか?

 

申し込みをしてきた方が、例えば、長年公務員や上場企業で役職もある人で社会的な印象は良いとしても、本当に真面目に返済してくれるかは、誰にも分からないといえるでしょう。

 

公務員や大企業の会社員というのは、属性としては審査で高評価されますが、それだけの情報ではローンの利用状況や実績が分かりません。

 

カードローン審査では、属性よりも信用情報が重視される傾向にあるので、信用履歴が真っ新では貸付側賭しては高額融資をするのに不安を覚えるのです。

 

そうした場合、多くのケースでは最初は様子見として50万円〜100万円程度貸付て、半年間きちんと返済してくれたのであれば、200万円や300万円の融資も検討しようという判断がされることが多いです。

 

借金がありすぎるよりは無い方が良いですが、何の借り入れ履歴もない状態でいきなり200万円という高額が貸してもらえることは少ないといえます。

 

しかし、既にどこかの金融機関で、返済遅延などもなくローン実績を積んでいるなら、それが審査で評価され200万円という高額も貸し付けてもらえる可能性があるでしょう。

 

信用情報が良好で、ある程の度借り入れ履歴もあり、加えて属性も申し分ないなら200万円をかーどろーんで借りられる可能性はなくはありません。

 

いきなりカードローンで200万円、300万円を借りるのは少々難しいことなのですが、絶対的に不可能な訳ではないのです。

 

最高限度額が高めのカードローンがオススメ?

 

ちなみに、カードローンで200万円などの高額を借りたい場合、最高限度額が高いカードローンに申込む事をオススメします。

 

というのは、最高限度額が高いという事は、融資対応可能な金額の範囲が広いわけですから、最高限度額が低いカードローンよりも高額が借りられる可能性が高いといえるでしょう。

 

また、消費者金融は総量規制により借り入れ額に年収制限があるので、銀行カードローンがオススメです。

 

高額を借りる場合、返済期間は長くなるでしょうから、金利という面でも銀行カードローンで契約した方が良いといえます。

 

最高限度額が高く、高額融資が低金利で借りられる銀行カードローンとして、具体的にはオリックス銀行カードローンやみずほ銀行カードローンがオススメできます。

 

みずほ銀行カードローンは契約に口座が必須なので、元から口座がある方にオススメです。

 

逆に、オリックス銀行カードローンは口座開設不要で契約が可能なので、新規カードローン利用者でも申し込みがし易いといえるでしょう。

 

最高限度額800万円オリックス銀行カードローン公式サイトはこちら⇒

銀行カードローンは2017年になって、過剰貸付が指摘されました。
それにより、収入証明書の提出が、原則、50万円以上の借り入れには必須となった銀行が多いです。
消費者金融も総量規制により、1社50万円以上の借り入れの場合は収入証明書の提出が必要です。
50万円以上の借り入れを希望する場合は、収入証明書を用意して申し込みに臨むのが良いでしょう。

カードローン審査ポイントについて詳しくはこちら⇒

 

借入額の目安は年収の3分の1なのか?

 

消費者金融でカードローン契約をする場合には、貸金業法の総量規制が関わってきますから、もし、200万円を借りようとするなら年収が600万円以上でなくてはいけません。

 

年収600万円という事は月収で50万円、ちなみに最近の平均年収は400万円程で平均月収は約35万円ほどです。

 

平均額をを考えると、年収600万円というのはとても景気の良い話ですね。

 

そのくらい収入があれば、カードローンで借りられる金額などに頭を悩ませる必要などないのではないでしょうか?

 

では、総量規制対象外の除外貸付である銀行カードローンなら確実に借りられるのか?というと先述もしているように、与信を積んでからなら可能性がないわけではありません。

 

しかし、新規の借り入れでいきなり希望額200万円としても全額を借りることはまず出来ないでしょう。

 

銀行カードロ―ンは、確かに総量規制の制限はありませんが、大体は消費者金融ほど厳密ではないものの、同じく年収の3分の1くらいを貸付額の目安としているといわれています。

 

銀行口座があり付き合いが長い銀行でカードローン契約をする場合は、銀行側も契約者の収入を把握しやすいので、多少多めに貸してくれる可能性があります。

 

限度額が高いおすすめカードローンはこちら⇒

 

フリーローンや目的ローンなら高額融資向き?

 

また、高額の融資というと銀行のフリーローンや目的ローンでの借り入れも考えるでしょう。

 

ただ、フリーローンや目的ローンは、来店が必要なケースもあり、書類も収入証明書や印鑑証明書など、多くの書類を必要とします。

 

担保や保証人を必要とする場合も出てくるので、手間や融資までの時間を考えると、カードローンで借りた方が早く借りられる可能性が高いです。

 

特に、審査時間がフリローンなどとカードローンでは大きく違ってきます。

 

カードローンでも高額融資の場合、通常よりは審査に時間がかかりますが、早ければ最短即日、遅くても1〜2日の間には審査結果が分かります。

 

フリーローンや目的ローンの場合は、金額にかかわらず最短で3日から通常1週間程度時間を要すことが多いです。

 

その為、急ぎで融資を受けたい場合は向かないでしょう。

 

しかし、金利は銀行カードローンよりもさらに低金利であることが多いので、低金利で高額融資を受けたい場合はオススメです。